収納・整理

夫婦それぞれに、独身時代から使い慣れたモノがある。統一させる?両方つかう?

投稿日:

くまみです。

モノの適正化を進めていますが、なかなか減らせないモノがあります。

減らせないというよりも、むしろ定着してしまったモノがある。

それは、体温計と爪切り。

今日は、使い慣れたものについてのお話です。お付き合いください。

夫婦それぞれに、独身時代から使い慣れたモノがある。統一させる?両方つかう?

よそのお宅の爪切りや体温計事情って聞いたことがないですが、どのくらいの数を持っていますか?

もしかして、1人1個が基本なのでしょうか。

爪切りと体温計

個人的な意見ですが、大人用1つと子供用1つがあれば良いと思う。

なにせ、夫と私が同じタイミングで使う事なんてないし、収納したときもスッキリするだろうし。

本来の目的を忘れ、捨てることに一心不乱。

私は使い慣れたモノは変えたくない。

夫に、私側に寄ってもらうように何度も言ってきた。

それは、わたしが使っているモノのほうが、使いやすいと思っているからだ。

モノを減らすという目的ならば、わたしが使い続けてきた方を捨てて、夫の方に一本化するという方法もあるのだれど。

…っていう考えが頭の中に浮かんだ時に、初めて自分の本心が分かった。

ただ単にモノの量を減らしたいのではなく、わたしが使いやすいモノ(=みんなも使いやすいだろうという思い込み)を夫も使う事によって一本化させたいということ。

適正量≠少量

家族全員が暮らしやすい家になるように、暮らしを整えよう!と一念発起しモノを減らすことを推し進めてきた。

わたしは最小限のモノだけで生活するような『ミニマリスト』では決してないけれど、モノは少ないに限ると思って突き進んできた。

そう、適正量とは少量のことと思ってきた。

今までに捨ててきたものに対して後悔はないけれど、家族の納得がいかないまま捨ててきたモノは沢山あるなあと。

なんで捨てるの?と聞かれれば、多すぎて管理できないからだよと答える。

まだ使えるよ?と言われれば、同じ用途のモノがあるからそっちを使ってと答える。

そうこうしているうちに、これが(1人に1つある状態が)我が家にとっての適正量なのでは?と思うように。

頻繁に使うモノは慣れたモノがいい

さて、爪切りと体温計はどうだろう。

爪切りなんて、週に1~2回は使う。夫は体温計を頻繁に使っている(男は体が弱いと聞いたことがある…)

管理できない数ではない。

保管できるスペースがあれば良いだけの話だった。

おしまいに

家族みんなが暮らしやすくするために!なんて言っておきながら、自分の気に入らないモノに焦点を当てて、家から排除していたんだなとハッとしました。

こじらせていましたね。

本来の目的を忘れずに、暮らしを整えていきます。

でもですね、夫の『赤い本棚』だけは、何が何でも家から追い出します( `ー´)ノ

【シンプルライフ】我が家には、わたしが入りたくない部屋がある

では、また~☆

 

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-収納・整理

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.