【シンプルライフ】我が家には、わたしが入りたくない部屋がある

更新日:

こんにちは、くまみです。

リビング、寝室、子供部屋は以前よりも暮らしやすい空間になりました。

インテリアについては、もっともっと手を掛けていきたいところですが、お金が掛かる事なので、ゆっくりゆっくりと進めています。

そんな我が家ですが、わたしは入りたくない、入室するとテンションがガタ落ちになる部屋があります。

暮らしやすい空間に作り変えたい!我が家には、わたしが入りたくない部屋がある

入室したくない理由

この部屋、本来ならば『夫の部屋』兼『私の部屋』兼『マシーン部屋』なのです。

ですが、ほとんどが夫の物のため、わたしにとっては、入室するだけでテンションがダダ下がりになる部屋となりました。(夫は私の数十倍の物を持っている)

夫のこだわり、夫の好み

妻のわたしでも、把握しきれていない夫の好み。

この部屋の改造には夫の協力が必須なのですが、こだわりが強いようで、協力を得られません。

協力というか、手放すという決意というか。

夫のこだわりについては、洋服についても書いています↓

【シンプルライフ】服を手放すことに迷ったら、私はこうしています

今でも放っておいたら、赤や紫の家具を買うのだろうか。。

その1:本棚

今、いちばん引っかかっているのがこの本棚。

夫が独身時代から使っているインパクト高めな一品( ;∀;)大学生の部屋みたいでなんだかな~。。

これは、我が家から撤去したいと思い続けて早4年。

本ももっと整列すれば良いのにな…と思いますが、夫なりのこだわりがあるようでして。。

その2:時計

この時計、湿気で曇っているわけではなく、古くなってこんなスモーキーな見た目になっています。

きっと、あの真っ赤な本棚に合わせて買ったと思われます。

撮影したのは1:00だったのですが、狂いまくっています。

この部屋に時計は必要ないのであれば、撤去したい。少なくとも、わたしはこの部屋に時計は必要ないと思っています。

その3:つっぱり棒

これ、つっぱり棒で合っていますかね?

いろいろと引っかけられるのですが、今は掛かっているのは、全く使っていない帽子が2つと使っていないヘッドホン。

インテリアのつもりなのか、なんなのか。

このつっぱり棒のおかげで、床の掃除がやりにくい。

使っていないのだから解体していただきたい。

その4:ベンチ

最後のさいごに大物です。

明らかに場違いなオーラを醸し出しているこのベンチ。

実家で暮らしているときに、古着屋さんで一目ぼれして購入したらしい。

今の家に越してきたときに、わざわざ実家から持ってきた。(わたしには秘密で)

毎日ここに座って読書でもするのならば、置いてあっても良いのですが、全く使わない。

言うならばオブジェです。

座り心地も良くないし、傷だらけだし。

夫はアンティークと表現していたけれど、わたしにはオンボロに見えます。

部屋全体がアンティーク調のインテリアならば似合うかもしれませんが、今の我が家には似合わない。

さいごに

この部屋は、トレーニング器具をメインに、本棚とテレビだけを置きたいのです。

それがなんだか今は、まるで夫の部屋のように仕上がってしまっているのです。

まずは本棚を新調するプレゼンをしてみようと思います!

では、また~☆

 

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.