わたし

【東京・水道橋エリア】イグ・ノーベル賞の世界展へ行ってきた!

投稿日:

こんにちは、くまみです。

先日、東京・水道橋で開催されている『イグ・ノーベル賞の世界展』へ行ってきました!

ありがたいことに、展示物は全て写真に撮ってOKです!!!

これから行く予定で、内容は行ってからのお楽しみにしたい方は回れ右!でお願いします(=゚ω゚)ノ

受賞内容の体験もできる!イグ・ノーベル賞の世界

  1. イグ・ノーベル賞についての展示
  2. 授賞式の映像
  3. 受賞内容の展示

展示内容は↑こんな感じの3部構成でした。

イグ・ノーベル賞についての展示

まず最初のエリアでは、頭上に紙ヒコーキが沢山飛んでいます!授賞式で飛ばすアレです。

歴代の受賞者や、イグ・ノーベル賞がどのようにしてできたのか?など歴史がザッとわかるようになっています。

冒頭部分は、写真+英文の展示が多いです。

わたしの壊滅的な英語力では到底理解が出来なくて、細かい内容は全く理解できませんでした( ;∀;)

ところどころ日本語の説明があったので、写真と合わせて雰囲気で感じ取りました(笑)

面白そうだな~というのはとても良く伝わってきました!!

強がりではなく……、写真から伝わってくるものがあったよ!!

授賞式の映像

授賞式の様子を約10分間に凝縮した映像です。

冒頭部分に写真で展示されていた内容が、映像になっているという感じです。

映像には字幕が出てくるので、私でも十分楽しめました!(良かった~、全部英語だったらどうしようかと思ったよ。。)

この映像を見ていると、授賞式には到底見えませんでした。面白すぎ( *´艸`)

受賞内容の展示

ここから、今までの受賞した研究のパネル展示が出てきます。

全ての展示に受賞理由が示してあり、その理由がとにかく面白い!!

なんでそんなこと研究したのさ(゚∀゚)とか、そんな研究にどれくらいの年月をかけたのさ~(≧◇≦)っていう内容ばかり。

大人な内容の受賞作品もありましたよ(*ノωノ)グフフ

実際に体験できるものも多く、今まで気にしたことがなかったけど「たしかに~!」「本当だ~!!」という体験が出来ました。

ここは、行ってからのお楽しみなので、詳しくは書きません。写真もボケさせてみた(・∀・)

さいごに

イグ・ノーベル賞を受賞した研究は、医学的な内容も多かったけれど、実生活で体験したことがある内容も多いなと思いました。

生活の中で起こる『なんでだろう?』を突き詰めると面白そうですね。

展示は2018年11月4日(日)まで!

実際に体験できるゾーンは混みそうなので、平日がオススメですよ。

すごく広い会場ではないのですが、1時間半~2時間ぐらいはあったほうが、じっくりと見て回れそう。

ちなみに…、イグ・ノーベル賞の展示のあとはこんな展示会があるらしい。

なにこれ。すごい楽しそう(・∀・)

では、また~☆

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-わたし

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.