収納・整理

ステンレスの水切りカゴから、プラスチックの水切りトレーへ

投稿日:

シンプルライフ実践中のくまみです。

先日、ステンレス製の水切りカゴを撤廃したいという内容の記事を書きました。

ステンレス製水切りカゴを撤廃したい!負けられない闘いがここにある

夫婦の折衷案というよりも、わたしの意見が通りました( ̄▽ ̄)

そして、水切りトレーをお迎えしました~!

アスベル / 水切りトレースリム

ワイドタイプもありましたが、迷わずスリムタイプをチョイス!

リバーシブルで両面使える

片面は水が外に流れていく造り。

裏側は水が流れ出ないような造り。

1人暮らしの狭めのキッチンで、洗った食器を水切りできるスペースは冷蔵庫の上だけ…という人にも使える設計。

水の出口は真ん中

これ、重要なところです。

左右のどちらかに寄っているものが多いような印象です。

例えば、今日は手前に空きスペースが欲しいので、横向きに設置したいというときにも対応できる。

排水する場所が左右のどちらかだったら、こうはいかないかな~と思う。

まあ、そもそも上の写真のような置き方はしないかもしれないけれど。。

滑り止めはついていない

滑り止めのようなものは付いていません。

リバーシブルタイプだからでしょうか。

滑り止めって、シリコンのような素材がほとんどだと思いますが、カビの生えやすいものが付いていないのは嬉しいところ。

滑るかな~と思いましたが、フライパンなどの大物を置いても動いてしまうようなことはありませんでした。

↑28㎝のウォックパンを置いたらこんな感じ。サイズ感の参考にしてください♪

我が家のスペース的にいったら、ワイドタイプのほうがピッタリだと思うけれど、ココを使うのは食洗機に入らないものだけを置く予定だから小さいものが◎

ここはイマイチ

今のところは特に気にしていないけれど、水切れはイマイチのような。

このまま流れ切りません。

こういう感じで、出口付近の水も流れ出ないこともしばしば。

でも、水が溜まりすぎて溢れてしまうという事はないので、ご安心を。

箸のように、平らなものをおくときは水切れがイマイチかもしれません。

本当は箸立てを使えば良い話なのですが、箸立ての中って洗いにくいのでね。。

もう少し、凹凸がしっかりとあるもの(高低差が激しめ)のほうが良かったかな~とは思う。

さいごに

これで、ステンレスの白く残る水垢問題とはサヨナラできそうです。

プラスチックは赤カビが生えやすいですが、簡単に洗えて立てておくことができるので、めんどくさがり屋のわたしにも管理できそうです。

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-収納・整理

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.