ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

シンプルな考え

トイレの水が流せない!そんな時の応急処置を教えてもらったのでご紹介します!

こんにちは、くまみです。

我が家のトイレはこだわったタイプではなく、建売住宅にデフォルトでついていたものなので、きっと安価なタイプ。

そんな我が家のトイレはこんな感じ。

手洗い場一体型です。独立した手洗い場に憧れます~(●´ω`●)

レバーで水を流すタイプでは無く、このボタンをポチッと押すタイプです。

トイレ本体と操作スイッチの関係は、テレビとリモコンの関係と同じです。

ですので、当たり前ですが、操作スイッチの電池が切れたら反応しなくなります。

電池切れじゃないのに、トイレの水が流れない!!

もうね、大事件ですよ。

水回りのトラブルですが、水漏れではないので『暮ら~し安心クラシアン』ではなく、トイレの製造メーカー側に修理をお願いしました。

我が家で起こったこと

リモコン部分は電池切れじゃないのに、『流す』ボタンを押しても水が流れない。

本体のボタンを押しても反応しない。

我が家のトイレはここにも『流す』ボタンが付いています。

教えてもらった応急処置の方法

根本的な解決にはならないけれど…と前置きされた上で、こんなことを教えてもらいました!

トイレ本体奥の方、赤で囲った部分を使います。

ここの部分を横から見るとこんな感じになっていて…

ここの部分を引っ張ると…

紐のようなものが出てきて、さらに引っ張ることが出来ます!

ここを強く引っ張ると、操作ボタンを押したときと同じように水が流れます。

さいごに

我が家のように『電池を変えてみたけど水が流れない』という時はテンパる前に、この方法を思い出してください!

この方法で水は流せますが、根本的な解決になっていないので、その後は業者さんに修理を依頼してくださいね。

では、また~☆

 

  • この記事を書いた人

くまみ

1983年長野県上田市生まれ。 都内下町エリア在住。 1つ年上のオットと、2014年と2019年生まれの息子の4人家族。 『暮らしやすい家』をコンセプトに、わが家の暮らしを綴っています。本業は管理栄養士。

-シンプルな考え

© 2020 くまみいろ Powered by AFFINGER5