お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

キッチン

継ぎ目のない一体型!耐熱温度230℃の小さめターナー

2018-07-17

こんにちは、くまみです。

先日、新婚当初に購入した、ターナー(フライ返し)を買い替えました!

私がターナーに求める条件は以下の通り。

  • テフロンを傷つけない素材であること
  • 先端から持ち手まで継ぎ目のない構造であること
  • 先端がかなり薄いこと
  • 持ち手が太すぎないこと

サンクラフト / ナイロンミニターナー

こちらを購入する直前まで、OXOのシリコンターナーミニと迷いました。

ですが、私が求める条件全てをクリアした商品はコチラのものでした!

継ぎ目の無い一体化構造である

ステンレス製のものはよく目にしますが、それ以外の素材で、継ぎ目のない構造のターナーって意外と見つからないんです。

今までのモノは、黒一色なので継ぎ目なしのように見えますが、先端と持ち手部分で分かれています。

その1:洗いやすい

何がスバラシイって、洗いやすい!

一体型なので、段差なし、切れ目なし。

食材が溜まるところがない。

洗い残しがないので、衛生的です!

その2:耐熱温度がわかりやすい

コレ、キッチン用品選びの盲点だと思っています。

食品に触れるところと、持ち手部分で素材が異なると、耐熱温度も異なることが多い。

これ、意外と厄介です。

高い方の温度だけ記憶していて、食洗機にかけてしまって、乾燥後取り出したら歪んでしまった・・・という経験があります。

フライパンのフチに持ち手部分が触れて、溶けてしまうという心配も無用です。

ミニサイズは小回りが利く!

主婦歴は5年足らずですが、最近思うことがあります。

それは、キッチン用品は『大は小を兼ねる』ではなく、『小ぶりのサイズは小回りが利いて使い勝手が良い』ということです。

ボウルやザルの類は、小さいモノよりも、大きめのほうが食材を扱いやすいです。

無印のシリコンスプーンと比べるとこんなサイズ感です↓

しかし、お玉やターナーは小さめのほうが使いやすいんじゃ・・・と思っています。

実際に、我が家で使っているお玉は小ぶりのモノですが、汁をお椀に入れやすい!

先端が薄いので、食材の下に滑り込みやすい!

今まで使っていたものと比べると、こんなにも違う。

今までのモノ↓

この商品↓

先端が細くなっているので、フライパンと食材の間にスッと入り込んでくれましたよ!

持ち手が細い!

持ち手部分の細さも重要です。

我が家はこんな感じで立てて収納しているのですが、他の器具とぶつかり合わなくて取り出しやすいのでストレスフリーです。

どれだけ細いかというと・・・、無印のシリコンスプーンと比べてみました↓

超軽量タイプ!

購入を後押ししたワケではありませんが、『御冗談でしょ(゚∀゚)』っていうくらい軽いです。

さいごに

小ぶりのハンバーグを乗せるとこんな感じ。

持ち手の先端に穴が開いているので、吊るす収納をされている方にもオススメですよ!

この商品のスペックをまとめますね。

  • 素材:ナイロン
  • 長さ:約29㎝
  • 重さ:32g
  • 耐熱温度:230℃
  • 食洗機:可

では、また~☆

 

  • この記事を書いた人

くまみ

1983年長野県上田市生まれ。 都内下町エリア在住。 1つ年上の夫と、2014年と2019年生まれの息子の4人家族。 『毎日が好きになる』をコンセプトにシンプルライフを実践中。本業は管理栄養士。

-キッチン

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.