キッチン

食材を包むだけではもったいない!プレスンシールの活用方法

投稿日:

こんにちは、くまみです。

コストコで売られているプレスンシール

これの存在を知ってから、我が家にはなくてはならない存在です。

活用1:小分け冷凍に

これは基本中の基本の使い方ですね。

ラップと違いしっかりとくっついてくれるので、解凍した後にドリップが漏れ出てくることナシです!

活用2:使いかけの野菜の保存に

今までは、ジップロックに入れて保存していたのですが、こっちのほうが楽そうだな…と思い、プレスンシールを使い始めました。

その野菜を使い切るまで、何度も使っています。

何度もって言っても1週間以内には使い切るので、私は衛生的には問題ないと思っています。

活用3:揚げ物の調理時に壁の保護シートとして

しばらくすると剥げてきますが、いいんです。

そのときだけ持ってくれれば。

小一時間で捨ててしまうのでもったいない気もしますが、壁に汚れがつくよりマシです。

活用4:化粧品置き場の汚れ防止シートとして

わたしは洗面所でメイクを済ませてしまうのですが、筆が当たって汚れてしまうのが非常にストレスでした。

かと言って、別の場所でメイクする気にはなれないし(洗面台は粉がこぼれても、手が汚れてもすぐに水で流せるから便利♪)。

サイズは適当、定期的に張り替えれば良し◎

鏡の中の、筆が当たる場所だけにひっそりと貼ってます。

唯一感じるストレス

ここまで、プレスンシールは素晴らしい!と書いてきましたが、根本的な部分にストレスを感じています。実は。

それは、切りにくいこと。

日本製のラップの切れ味に慣れてしまったためか、非常に切れ味が悪いように感じています。

切る角度が少し違うだけで、ビックリするほど切れなくなる。

ほら、断面がビローンって伸びてしまい、すごいストレス。

じゃあ使うなよ…と思いますよね。でも、これに代わるものがないので、使っています。

なんだかんだ、プレスンシールは好きなんです。(笑)

では、また~☆

 

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-キッチン

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.