キッチン

トースターを【シロカST-G111】に変えた!トーストはめっちゃ美味しいけど注意点もあり!

更新日:

我が家では、結婚前から夫が使っていたトースター(コンベクション)を結婚後も使っていました。しかし、ついに下側のヒーター?が付かなくなってしまったので買い替えました!

出費が痛い・・・というよりは、壊れてくれてありがとう!!!

新しいやつが買えるー!という心境でした(笑)

キッチンで使う電化製品は白で統一したいなあと思っています。

アラジンやバルミューダも候補に挙がっていましたが、最終的にはシロカに決めました。

私がトースターに求めるものは・・・

  • なにはともあれ、食パンが美味しく焼ける
  • 見た目がシンプル
  • 食パンが4枚同時焼ける
  • 手入れが楽チン
  • 調理機能は求めていない

数千円で購入できるトースターを見ましたが「このお値段で焼いたパンなんて、どうせソコソコのお味にしかならないでしょう」と鼻で笑って通り過ぎました。

最終的に購入したシロカは安いで有名なブランドだったので、最初に見た時は「あなたで焼いたパンなんて・・・ごめんあそばせ」という態度で通り過ぎました。

アラジンを選ばなかった理由

0.2秒発熱グラファイトヒーター、立ち上がりが早く、とても魅力的ですよね!

アラジンのトースターが置いてあるだけで、キッチンがとても素敵に見えます!!

アラジンのトースターは、時短調理ができることも売りにしているので、付属品としてグリルパンがあります。

一人暮らしだったら非常に重宝したと思いますが、我が家は3人家族です。ですので、トースターの庫内に収まってしまうほどのサイズのグリルパンでは容量不足です。

グリル料理はオーブンレンジでやりたいなと思っているので、この付属品は無駄になるな・・・と思いました。

このグリルパンを使えば、焼きそばや1合程度のごはんを炊くことも出来るみたいです!

新婚さんや子供のいないご家庭向きなのだと思います。

バルミューダを選ばなかった理由

友人がバルミューダを使っていて「めっちゃ良い、パンが美味しくなる」という感想を聞いていたり、テレビなどの評判を受けて買うならば絶対にバルミューダ!!!

半ば、もう買うものは決定しているかのような状態で電気屋さんに行きました。

理由その1:水

水を入れるっていうひと手間がね・・・、きっと私には無理だろうなと悟りました。

最初のうちは楽しんでやるだろうけど、毎日続けなくてはいけないと思うと・・・メ、メンドクサイ。

たかが水、されど水です(笑)

そのひと手間が無いに越したことはありません!

理由その2:手入れがめんどくさそう

トースターの下に溜まったパンくずの処理でさえ、「明日やろう・・・」と何日も思い続けて実行しない私です。

給水パイプやボイラーを取り外して洗うなんてこと出来るはずがありません。

理由その3:焼けるパンは2枚まで

これね、我慢できるかな・・・と何日も考えてみました。

朝はとてつもなく忙しいので、家族分のパンを焼くのにトースターを2回転するなんて無理だと悟りました。

今後、息子が2枚食べるようになっても4枚焼きならば1回で焼けます!

くまみ目線、シロカST-G111の評価

  • パンが美味しく焼けるか★★★★★
  • 見た目がシンプルか★★★★★
  • 食パンが4枚同時に焼けるか★★★☆☆
  • 3枚以上焼いた時、均一に焼けるか★★★☆☆
  • 手入れが楽チンか★★★☆☆

揚げ物の温め直しができたり、ノンフライ調理のできる『トレー』が付いています。←天板のようなもの、というかオーブンに付いている黒い天板と同じようなやつね。

そのトレーを使って、カレーパンの温め直しをしたのですが・・・、トースターの扉を閉めるときに、トースター入り口の上部にカレーパンがぶつかってしまいました。

空間は、爪楊枝1本分もありません。こんな感じです↓

パンを乗せる焼き網部分から上部までの空間が狭いこと、トレーに高さがあること、扉を閉めるときに焼き網が若干上に上がる仕組みになっているところに、高さのあるカレーパンを入れてしまったため、入り口上部にぶつかってしまいました。

唐揚げなども入れてみましたが、やはりぶつかります。入れる時も、もちろん取り出すときもぶつかります。なので、

  • 揚げ物の温めやすさ★☆☆☆☆

↑としておきます。

我が家のような、食パンを焼くことをメインに考えているご家庭にオススメです!

ではまた。

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-キッチン

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.