くまみいろは、心の中ダダ漏れの雑記ブログです。毎朝8時半頃の更新なので、家事の合間や通勤中にどうぞ。コメントのお返事は記事させていただくことがあります

ラクな片づけ、ゆるい家事

【キッチン収納】プロの方法を真似て、自己流にアレンジする

https://kumamiiro.com

キッチンの収納は、家じゅうの収納の中で最も難しい(頭を使う)と思っていますが、皆さんはどうですか?

食材のように常に増減を繰り返すモノと、鍋や食器のように量が変わらないモノ、その両方を収めなくてはならないから。

今の家に暮らして7年ほど経ったけれど、キッチンの中は何度も何度も収納場所を替えてきましたが、きっとこれからも試行錯誤を繰り返していくんだろうなって思う。

ってことで、今日はキッチン収納のお話です。お付き合いください。

プロ発信の方法を試して、それから自分で決める

シンク下収納

フライパンや鍋やボウルやザルは、重ねると取り出しにくいから、立てて並べたほうがイイとか。

鍋は蓋をセットしたまま保管したほうがイイとか。

鍋はコンロ下じゃなくてシンク下にあったほうが効率的とか。

常温で保存できるボトル系の調味料はコンロ下が取り出しやすいとか。

プロ発信の内容だから、どれも魅力的に感じます
くまみ

収納のプロたちが発信してくれている気になる内容を、わたしの暮らしに取り入れてみる。たしかにイイね!っていう方法と、なんだかちょっぴり使いにくいぜっていう方法を、自分で見極める。

自分ちの収納の大きさとか、モノの量とか、誰が使うかとか、「尺度」いろいろとあるから、実際にやってみないと分からないんだよなぁ。

収納場所はココに決めた!

鍋・フライパン・ボウル・ザル

コンロ下収納

わたしは、重ねてあっても取り出しにくくない。

フライパンスタンドなるものを買って使ってみたけれど、利便性がUPした!!って感じなかったので使うのはやめました。

吟味せずに買っちゃダメですね
くまみ

鍋はシンクの下じゃなくて、コンロ下にあったほうがなんとなく好き(フライパンと同じ場所のほうが気分的に良い)。鍋をシンク下に収納してみたけれど、無意識にカラダが勝手にコンロのところまで動いちゃうんですよね。

何日経ってもシンク下をあける前にコンロ下の収納を開けちゃうの。

これはもはや本能!
くまみ

本能に逆らうことは難しいから、わたしにとって鍋はコンロ下が使いやすいんだな。

鍋の蓋

鍋と蓋は別々に保管したほうが使いやすい。

だから、突っ張り棒に引っ掛けています。(ダイソーで買った突っ張り棒)

よくよく考えたら、汁物や煮物を作る時に蓋を閉めるのは、最後の最後だけだからな〜。

蓋を使わないことも多いです
くまみ

ボトル系調味料

ボトル系調味料は、コンロ下じゃなくて、コンロ下の隣にある収納場所にあると使いやすいなって感じています。

コンロ下収納の扉ってけっこう重いから、料理中に開閉するのが大変だなーって。

関連
商品のパッケージを再利用!捨てる前に活用している2つのモノ

続きを見る

余白は大事

インテリアもそうだけど、収納も余白が大事。びっちりと埋まってないぐらいがちょうどいい。

取り出しやすい・戻しやすい

吊戸棚

モノとモノの間に手が入るぐらいの余裕がある状態が好きです。

取り出すときも、戻すときも、周りのモノに気を使う必要がないからイイ。

想定外の荷物を受け入れられる

先日は、ストップするのを忘れてしまった定期便のコーヒーと、箱入りのお菓子が2種がドカッと届いた。

入るかな〜と心配だったけど、何の心配もいらないほど余裕で収まった!!お菓子がいっぱいあって幸せ(*´∀`*)

さいごに

今回紹介した収納場所ですが、「今は」ここに決めたという感じです。数カ月後には、もっと使いやすい場所を発見しているかもしれない。

そして子どもたちが成長して、お菓子とかカップ麺とか、常温で保存する食品をデデンと置くようになるようならば、その時は大幅に収納計画を練り直さねば!

それでは☆

こちらの記事も読まれています!

  • この記事を書いた人
くまみ

くまみ

暮らし探求家。
長野県生まれ、都内下町エリア在住。
オットと息子2人の4人家族。
『シンプルに心地よい暮らし』をコンセプトに、わが家の暮らしを綴っています。
本業は管理栄養士。

© 2021 くまみいろ