【サイトメンテナンス中です】ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時半頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

ラクな片づけ、ゆるい家事 暮らしのキロク

食事をさらに簡単に。胃の中でバランスが取れていれば万事OK

https://kumamiiro.com

夕食は家族団らんの場と言われているけど、1歳児が居るわが家にとっては「気力体力を奪われる場」と言ったほうが現実的。

今までも決して力作ではなかったわが家の夕食ですが、最近はさらに簡単なものになりつつあります。

ってことで、今日は食事を簡単メニューにした話です。お付き合いください。

週末の作り置きは最低限に

食卓に並べた時の第一印象が良いほうがイイとか、ごはんと汁とおかず2種だとバランスがイイとか。平日に作るよりも、週末に作り溜めてしまったほうが楽かもしれないな〜とか。

見栄えの良い食卓は、とうの昔に諦めてます
くまみ

ちっぽけな頭で色々と考えた結果、夕食のメニューは当日ではなく週末に作り溜める「作り置き」のシステムにしていたわが家。

数年間続けてきた流れだけど、平日は食事のたびに疲れ果て、週末は作り置きをやることで疲れ切る、これは負の連鎖なんじゃないのかなって思い断ち切ることにしました。

以前よりも大分少なめになりました

今までは、主菜も副菜もできる限り作っちゃおう!って思って取り組んでいたけど、半分以上やめました。さすがに何も作らないとと月曜の朝からテンヤワンヤしてしまうので、少しだけ続けています。

  • ブロッコリーを茹でる
  • ミニトマトを洗っておく
  • パイナップルを切る(朝食用)
  • 副菜2種作る

これだけは週末に作って、残りは当日の夕方に。仕事をちょこっと早めに切り上げて(在宅ワーカー)、サササッと作ります。

お肉や魚を前夜のうちに冷蔵室へ移しておくのを忘れずに
くまみ

主菜と副菜が揃わなくてもいいじゃない

焼くだけメニューの日は副菜をプラス

焼き魚とか、照り焼きチキンとか、グリルでただ焼くだけメニューの日は、週末に作っておいた副菜を添えます。副菜が枯渇してしまったときは、キュウリや大根を浅漬けにして添えています。

何か野菜のおかずが添えられたらそれで良し◎

丼ものと混ぜご飯は具だくさんに

同じ量の野菜を使うとして、それを2品に分けるか1品に入れてしまうかで、手間のかかり方が違います。

丼ものや混ぜご飯の日は、なんとなく副菜を添える気分になれないので、野菜マシマシで作ります。

汁物があればどうにかなる

お味噌汁とか和風スープとかコンソメスープとか、汁ものは毎日欠かさず作るようにしていました。見栄えが〜っていう理由ではなくて、超簡単に作れる「野菜摂取が叶うメニュー」だからです。

長男は茄子が嫌いだけど、汁物に入れれば食べてくれる。次男は炒めものに入れたネギは食べてくれないけど、汁物に入れたネギは食べてくれる。

わたしが作る汁ものって、沸騰したところに出汁を入れて、野菜を入れて柔らかくなったら出来上がりっていうとても簡単なもの。じっくり出汁を取ることはしないし、平日はコンソメ以外の洋風スープを作ることもない。

▼出汁について書きました▼

「ていねいな暮らし」を匂わせたい!わが家の暮らしの、ちょっとそれっぽいところ

続きを見る

そんなテキトーに作った汁物でも、メイン料理と共に並べると「ちゃんとした食卓感」が出てる気がします(くまみ調べ)

ってことで、汁物があればどうにかなる!

さいごに

今まで、当日に作るのは大変すぎると思っていたけれど、実際にやってみるとたいして大変じゃなかったなぁ。

冷蔵庫の中が作り置き料理でパツンパツンにならなくなったし、休日は休めるようになったし、この取り組みは成功でした(*´∀`*)

それでは☆

こちらの記事も読まれています!

  • この記事を書いた人
くまみ

くまみ

暮らし探求家。
長野県生まれ、都内下町エリア在住。
オットと息子2人の4人家族。
『シンプルに心地よい暮らし』をコンセプトに、わが家の暮らしを綴っています。
本業は管理栄養士。

© 2021 くまみいろ