ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時半頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

ラクな片づけ、ゆるい家事

整っている風を醸し出す暮らし|わが家の収納は「ちょっと見える」と「死角」で出来ている

https://kumamiiro.com

整っている空間に住みたいな〜って思っている人は多いはず。

わたしもそう。

それに加えて、めんどくさいことは極力避けたい。

これを両立させたいな〜と考えているうちに、今の収納方法にたどり着きました。

「見せる」と「見せない」のちょうど真ん中の収納

『見せる収納』はオシャレ感が強くてとても魅力的だったから、わが家にも取り入れてみたものの、わたしの手には負えなくなりやめました。

『見せる収納』はホコリや汚れとの戦いだった。

自分が、見えないところはビックリするほど手を抜く性格なんだな〜ということに気づいてからは、『見せない収納』にシフト。

2年半前のわが家のキッチン

ただ、『見せない収納』を実践している人の暮らしを拝見していて、ラベリングをする必要があるということを知ったのです。

家中の収納アイテムにラベルを貼るのは、とてつもなくめんどくさい作業。

わたしにはどちらの収納方法も向いてないんだな〜と思い知ったわ。

それ以来、丸見えでもなく、全く見えないでもない、『ちょっと見える収納』にすることに決めたの!

『ちょっと見える収納』のために使っているアイテム

見えすぎないけど、見えないわけではない。

くっきりはっきり見えるわけではないけれど、ラベルがなくても、住人ならば中身が把握できる感じ。

これを実現してくれる収納アイテムは、半透明タイプのケース。

リビング

透けるのを隠すためのアイテムが売られているけれど、わたしはこの「透け感」がとても気に入っている。

半透明のケースの中は臨機応変に対応できるように、エリア分けなどはほとんどしない。

キッチン

だから、ケース内は多少ザワツキ感のある。

半透明ゆえ生活感は隠しきれないけれど、管理が楽チン。

頑張りたくないから死角を作る

扉1枚隔てた場所は死角ゾーン。

収納容器に入れてないモノが乱れて置いてあっても良しとしています。

リビングの納戸

建売住宅ですが、この収納スペースがあって良かったなと感じている場所のNo.1です。

このスペースには、

  • 家族全員が毎日使うバッグ類
  • トイレットペーパーの予備
  • ティッシュの予備
  • 諸々の書類
  • 工具

などなどここに入れておきたいモノは多岐に渡ります。

基本的には半透明のケースに入れているけど、ケースに入れられないモノも多い。

だけど、「扉を閉めたら死角になる」と考え、雑多な感じでも良しとしています。

キッチンの食品庫

キッチン内にある引き出しが、わが家の食品庫。

わが家にとっての定番品を買うことが多いけど、初めて買うものや、いただきものが入ってくることも少なくない。

入れる向きは揃えているつもり。。

だから、ケース類は使ってない。

ここもまた雑多な感じになってしまうことが多いけど、引き出しを閉めたら死角になる場所だから気にしない。

洗面所のタオル

何度となくブログに載せている、タオル収納。

ポイッと放り込んで、ハイ終了。

見えないところなんてこんなモンです。

死角だからこそ出来る収納方法です。

さいごに

収納にもメリハリがあって良いと思うの。

死角は作らないほうがいいって言われているけど、わたしには収納関係で死角は必要。

それでは☆

ランキングに参加しています♪

マークをポチッとお願いします!/

 

/いつもありがとうございます!\


\わたしの好きが詰まってます ♪/

 

-ラクな片づけ、ゆるい家事

© 2020 くまみいろ