ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時半頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

祝38歳!日頃から感じている、オットの良いところベスト3

https://kumamiiro.com

いきなりなんだという感じですが、オットの誕生日が近いのでこんな内容を書いてみようかと(笑)

こんなときでもないと、書かないよね。書けないよね。

知り合って14年が経ちました(たぶん)

オットは38歳になる。

初めて知り合ったのはたしか14年前だったような気がするなぁ。

数年間の空白はあるものの、14年間も知り合いだなんてびっくりだ。

まだまだ知らない部分は沢山あるんだろうなーとは思うし、「え?そうだったの??」っていうことを発見することもある。

ダイソーで調達

結婚当初はこれからいろんな事を知っていくぞ♡って思っていたような気もするけど、別に知らなくてもいいやって今は思ってる。

知らなくても困らないというか、知ってしまって後悔したくないというか。

先輩主婦の皆さん、そこんとこどうですか?

ベスト5にしようかと思ったけど、ポンポンポンと頭に浮かんできたのは3つ。

だからベスト3。

じっくり考えて浮かんできたっていうより、常日頃の言動からそう感じている3つです。

それでは参ります!

稼ぎに関係なく、わたしの人権を尊重してくれるところ

世間には、妻の人権を無視するような夫たちが多いようなので、この項目をあえて挙げました。

わたしは吹けば飛んでしまうようなお金しか稼いでいません。

もっと働こうと思えば働けるけど、働きすぎてストレスMAXで会社をやめた過去があるので、今はのんびりペース(在宅ワーカー)で働いています。

そんなわたしに「仕事が少ない日は、息抜きしてきていーよー」とか「冷蔵庫の中のモノだけじゃなくて、たまには外でランチしてきなよー」とか言ってくれる。

オットの希望でピザハット!

でも、ランチでお金を使っちゃったら、今日の稼ぎが飛んでいってしまうからさ…って言うと、

稼ぎの大小で「自由」に差が出てしまうのは好きじゃないって言ってくれる。

だからと言って、俺は稼ぎがあるから自由に使って何が悪い!みたいな発言は一切ない。

当たり前なのかもしれないけど、ありがたいなと思います。

わたしがいなくても家事育児をまわせる(だろうと思わせてくれる)ところ

夫婦間で家事育児の負担割合を考える上で、外での仕事量を加味すると思う。

でもオットは、外での仕事と、家庭内での仕事は離して考えています。

まじか?

いいの?

わたしは在宅ワーカーやで?

って聞いたとき、

わたしはすぐにキャパオーバーになってしまうから、そのほうが家庭にとって悪い影響が出てしまうと。

俺がやればその問題は回避できると。

デザートその1

態度だけデカくなってしまって申し訳ない。

中身がちっぽけな妻で申し訳ない。

きっと、わたしがいなくなっても、家事も育児もやってのける人だと思う。

ゴミで溢れたり、洗濯物で溢れたりは絶対にないって想像できる。

安心して死ねるなって思う。

ジョーダンではなく、これは割と本気で思っていること。

急に死ぬことになっても、わたしはこの世に心配事を残すことなく、あっちの世界にいけるんだなって思ってる。

わたしの家族を大切にしてくれるところ

わたしの実家を大切にしてくれるところが良い。

超クセのある頑固おやじも、ちょっと天然ちゃんの要素が入っている母も、人間嫌いな姉も、101歳のおばあちゃんのことも、大切に想ってくれている。

デザートその2

本心はどう想っているかわからないけれど、今までに1度も悪口を聞いたことがない。

それに引き換えわたしの義実家に対する態度は…ね(;´Д`)

気をつけます。

さいごに

オット、今年の誕生日には焚き火グッズが欲しいんだとか。

友人とソロキャンに行きたいんだってさ。

2人で行くけど、それぞれのテントで寝るからソロキャン(これ、使い方合っているのか??)

楽しめるといいね。

…なんて和やかに終わらせるハズもなく(笑)、嫌いなところもそれなりにありますよ〜ってことをここに書いておきます。

それでは☆

 

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ