ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時半頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

食品の保管|WECKの瓶に移し替えて利便性を向上させる

乾物や、商品パッケージのままではちょっと使い勝手が悪いな…と感じるモノは保存瓶に移し替えています。

愛用している保存瓶はWECK。

手作りジャムやプリンとの相性バツグンです。(ジャムは1年に1回しか作らないけれど…)

WECKの良いところ

今使っているWECKたちは、最近になって集めたのではなく、見せる収納をしていた時代に買い集めたモノ。

見せる収納をやめて、全部引き出しに入れるようになってからは、もっとスリムな容器がいいな〜とか、片手で開けやすい容器がいいな〜って思うようになった。

でも、まだ使えるモノを手放すのはもったいないし、WECKの見た目が好みだから今でも使っている。

なによりWECKって、

電子レンジ

湯煎

オーブン

食洗機

これらが使えるから本当に便利◎

今日は、わたしがWECKに入れているモノをご紹介します。

ごま、ふりかけ、片栗粉

ふりかけは、パッケージのまま中身を出そうとすると、ジップ部分に入り込んでしまってちょっと厄介。

だから、WECKに移し替える。

ごまはパラパラ〜と振りかけるようにして使ってる。

ふりかけは瓶の底に塩がたまりやすいから、スプーンで掬うようにして使ってる。

中身が空っぽになったタイミングで、瓶とスプーンを洗ってます。

片栗粉はスプーンを入れっぱなしにすると、柄の部分が粉まみれになってしまうから、毎回新しいスプーンを使ってる。

砂糖

砂糖は1回で使う量が多いから、ちょと大きめのWECKにIN。

こちらもスプーンは入れっぱなし。

以前、良かれと思って珪藻土のスティックを入れていたら、固まってしまって逆効果でした〜(TдT)

ワカメ

使用の都度切るのはちょっと面倒なので、塩蔵ワカメ1袋分を切ってから入れている。

砂糖と同じ大きさのWECKに入れて冷蔵庫で保存。

塩蔵ワカメは、水で戻す作業がめんどいな〜とは思うけど、ふえるワカメちゃん的なやつより歯ごたえがあって美味しいな〜って感じてる。

干し椎茸

ひじきの煮物と切り干し大根の煮物を毎週作るわが家。

どちらの煮物にも干し椎茸は欠かせないから、常にストックしてある。

干し椎茸のパッケージは、ジップタイプになっていない商品が多いように思う(わが家が行くスーパーだけですかね?)

ジップ袋だったら、そのまま保管できるけど、テープやゴムで留めないといけない仕様の袋はちょっとね…開封済みのパッケージから漂ってくる、あの独特の香りが好きじゃない。

だからWECKへ移し替えてる。

干し椎茸を水で戻すときにも、これまたWECKを使ってる。

この元々付いているガラスの蓋が良い仕事をしてくれるんです!

蓋に重みがあるおかげで、浮いてくる干し椎茸をズッシリと押し返してくれるの。

この瓶以外は蓋を買い替えたけど、これだけは今後もガラス蓋のままにしておく!

インスタントコーヒー

わたしは朝食時にインスタントコーヒー+牛乳→カフェラテをいただいてる。

ゴールドブレンドがマルっと入るこの大きさのWECKにIN。

カフェラテにして飲んでしまうので、インスタントコーヒーの種類にこだわりはなかったんだけど、ゴールドブレンドの香りの良さに魅了されていらいずーっとコレ。

美味しいよね、ゴールドブレンドって。

カトラリー

次男用のカトラリーを入れて使っている。

これはカウンターの上に出しっぱなしにしていて、キッチン側からでも、ダイニング側からでも取れる。

歯ブラシも一緒に入れてます

次男の食事の場所がキッチンの床になることもあるし、ダイニングやリビングの床になることもある。

どこの場所になってもサッと取れる。

底がポッテリと丸くなっている形状だから、様々な形のモノを一緒に入れておいても、出し入れしやすい。

さいごに

家中の収納容器は中身が見えるタイプを使っているわが家。

食品についても中身が見えたほうが管理がラクです◎

それでは☆

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ