ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時半頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

キレイの連鎖|暮らしの中で気をつけている小さな事。行動しやすくルールを作る!

暮らしの中で気をつけていることはありますか?

わたしには…というか、わが家にはあります。

わたし1人で気をつけてもキレイを保つのは難しい。

だから、同じ屋根の下で暮らす全員の協力が必要です。

ドアや引き出しは最後までしっかりしめる

小さなことなんだけど、閉めるべきところはきっちり。

ドアは力いっぱいやりすぎても、反動で開いちゃう。

とくに引き出しが中途半端に出ている状態が、わたしはとても嫌い。

部屋の中を見たときに、引き出しがしっかりしまってなかったり、中身がはみ出ていると、なんだか雑な印象を受ける。

だから、引き出しの中はどうであれ、しっかりとしめておきたい(タオル収納は丸めてポイで終わりです)

本を横向きに入れない

もとの場所に戻すのがめんどくさくて、後で直すからとりあえす横向きに…って重ねちゃうっていう人、少なくないはず。

わかるよ〜、わかる。

でも、その「後で」って、来ないことが多い気がする。わたしはそうだった。

1冊横向きに入れてしまうと、次からも横向きでいっか!って思っちゃうんだよね。わたしはそうだった。

隣の本が少し倒れて来るだけで、元あった場所に戻すのが少しだけ手間になるもんね。

わが家にある、子どもたちの絵本はこれだけです。

とてもとても少ないほうだと思う。

長男は図鑑しか見ないし、次男は長男の影響で図鑑しか見ない。

兄弟揃って図鑑しか見ないから、絵本は無理に買わなくてもいいかなっていう結論に達した。

家で読みたい絵本があるなら、図書館で借りてこようかなって思ってる。

(わたしには大切にしている本が数冊あるけど、それらは自分の引き出しに入れて管理してる)

たったこれだけの本しかないのに、しかも積み重ねなくても入れられる量なのに、これでも横向きに入れていたら、自分の部屋で保管してくれって言ってある。

使用済みカップを放置しない

カップの中が空っぽなのに、そのへんに放置したまままっていうのがとても嫌い。

これを片付けるのは誰の役目ですか?って聞きたくなっちゃう。

使用済みのカップはシンクの中に入れておくこと、これがわが家のルール。

本当はパパッと洗って欲しいけど。

履物は脱いだら揃えること

これは6歳の長男にも当たり前にやらせているんだけど、友人に言ったらびっくりされて、逆にびっくり(笑)

友人宅では、母親が靴の向きを直す作業をやる係なんだとか。

玄関の靴

玄関は神様の通り道だと聞いたことがある。

だからというわけではないけれど、玄関はキレイにしておきたい。

家に帰ってきて、まず目に入る場所だしね。

だから、靴は揃えておくこと。

これはルールだから!とかじゃなくて、挨拶みたいなモンだと思ってほしい。

トイレのスリッパ

トイレ内で使ったスリッパを、揃えて出る時間さえも惜しいことってあるんですかね。

トイレに入るとき慌てるのはわかるけど、出るときまで慌てる必要はないよね。

ってことでわが家では、トイレのスリッパは、次の人が履きやすいように揃えて出てくるのがルールです。

いちいちルール作る理由

これを読んでいて「この人の家って、なんでもかんでもルールがあって堅苦しいな」って思ったひと、少なくないはず。

わたしもコレを書いていて、なんでもかんでもルールってうるさいな!って思いましたもん(笑)

でもね、理由があるんです。

家族の共用部分にはルールが必要だと思う。

ルールを作っておくと、あとあと言い争いにならずに済むんです。

とくに、臨機応変っていうのがまだわからない子供に対しては、ルールで括ってあげたほうが分かりやすい。

ミートソースは服に跳ねるよ!って言ったら裸で食べてた

もちろんルールを作るときは、家族みんなのOKが出てからそのルールが施工される。

6歳の長男、言い訳がますます達者になりました。

やろうと思えばすぐに動けるはずなのに、ゴロゴロしながら言い訳のオンパレード。

そんなとき「これは家族みんなで決めたルールだから」といえば一発。

その代わり自分の部屋は別、好きに使ってほしい(落書きは許さない)

さいごに

とくに履物に関しては、長男に対して注意することがほとんどない。

室内のキッズパークとかへ行っても、律儀に靴を揃えています。こういうところ、長男っぽいな〜って思ってる。

それでは☆

 

 

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ