ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時半頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

わが家はファミ家事スタイル|「家(いえ)」の「事(こと)」だから全員参加が当たり前

https://kumamiiro.com

家事や育児は妻がやって当たり前。

夫がやったら褒められる。

こんな考えの人は、わが家には居場所がない。

子供にも、できることは自分でやってもらう。

家族は小さな社会。

より良い環境を作るために、全員の参加が必須です。

だからわが家は、全員参加型のファミ(リー)家事スタイルです。

夫婦で同じ認識でいるために「情報共有」「目指す方向のすり合わせ」が不可欠

家事は「家のこと」、育児は「育てること」だから夫婦で協力し合ってやるが当たり前だと思っている。

より簡単できる方法を発見した!とか、もう少し手を掛けてやってみたい!ということがあれば、逐一話し合う。

話し合うというと重い印象を受けるかもしれないけど、情報を共有して、目指す方向のすり合わせをする感じ。

わたしのオットは、外勤しているにも関わらず、家事も育児もよくやっていると思う。

それに関して天狗になることもなく、妻のわたしに対して「もっとやれ」的な発言ももちろんない。

家事・育児について、オットと同じ認識で良かった。

方法は問わずに着地点を決める

例えば家事。

家事の進め方って、人それぞれ。

たとえば、わたしは料理をしながら、同時進行で洗い物も片付けていきたいタイプ。

オットは、洗い物は、ある程度溜まってから一気に片付けたいタイプ。

わたしは、洗い終わった鍋を拭き上げて、キッチンをキレイな状態にしてから、他の場所の掃除をしに行くタイプ。

オットは、洗い終わったモノの水が切れるのを待つ間に、他の場所の掃除をするタイプ。

外出先で次男の食事は、たいていオットが担当してくれる

やり方は違うけど、着地点を決めているから、途中で口は出さない。

早くキッチンを片付けて欲しいな〜って思ったら、自分で洗い物を拭き上げちゃう。

好きな方法で進めたほうが気分がいいし、長続きする。

結果良ければ全てよし。

途中で引き継ぎできるかどうか

例えば育児。

「お風呂に入れる」っていう場面。

湯船に入れて、体を洗って終わりだったらラクでいいけど、こんなの氷山の一角です。

タスクを書き出すと、

  • 湯船にお湯を溜める
  • 湯上がりに着る服を用意しておく
  • 服とオムツを脱がせる
  • オムツは指定の場所に片付ける
  • 入浴(ここで謎の傷を見つけることも多々ある)
  • 体を拭く
  • 保湿する(保湿剤がなくなりそうなら報告する)
  • オムツを履かせて服を着させる
  • 使ったタオルを片付ける
  • お風呂場にオモチャが散らかっているなら片付ける

これ全部を合わせて「お風呂に入れる」っていうこと。

昼寝。

食事も同じ。

ただ食事風景をほのぼのと見てるだけではなく(見てるだけなら猿にもできる)、

  • 与える前には温度が熱すぎないかチェック(とくに汁物)
  • 口に詰め込みすぎてないか見守る
  • 子供が飽きて遊びだす前に、どうにか食事を終わらせられるように声掛けや介助に徹する(テレビを見てる余裕はない)
  • 食事が終わったら、椅子やテーブルの残飯を拾って拭き上げる
  • 洋服が汚れたら着替えさせる

これ全部まとめて「食事」です。

お互いが、細々したタスクがわかっているから、途中で交代できる。

子育てが終わってからも、会話のある夫婦でありたい

母を見ていて思うんですよね。

相手に対して諦めてるんだなって。子育てに協力しないオットを持つとこうなるのか…って(父は典型的な亭主関白)

今、わが家は、生活のほぼ100%が育児という感じ。

いつの日か、子どもたちが巣立ったとき、会話がない夫婦は嫌だなって思うのです。

ただ一緒にいるだけの関係性って、つまらないだろうなぁ〜って思う。

今、夫婦で同じ目線で子どもたちを見守ることが出来ている。これって、とても大きな財産になると思う。

相当先のはなしだけど、そんな日を迎えることも、今から楽しみだったりします。

子供は「自分にできること」をやる

お手伝いは助かる。

でも、まずは、自分のことは自分で出来るようになってくれるともっと助かる。

  • 脱いだ服は、決められた場所に入れられる
  • 着る服は自分で決めて、自分で着替えられる
  • 言われなくても歯を磨く
  • 時計を見て行動できる
  • 使ったら片付ける

などなど、出来るようになると、親としてラク。

出かける直前のリセットタイム。次男のオモチャを片付ける長男。

だから、わが家では、お風呂掃除の方法とかではなく、まずは自分の身の回りのことが1人でできるようになるように促してきた。

ちなみに、自分が使った食器をシンクに持っていったり、自分で遊んだオモチャを片付けることはお手伝いとは呼びません。

やって当然の行為なのでね。

ちなみに、手助けは必要なときは、態度で察してほしいことを表すのではなく、言葉で自分の気持ちを表すように伝えてる。

突き放しているのではなく、自立を促したくてこの方法をとっています。

さいごに

家事も育児もわたし1人では到底できない。

長男が生まれた直後、オットに対して「家事を手伝うという認識は捨ててください」と言った覚えがあるな〜。

この言葉で目を覚ましたわけではないだろうけど、このオットがいるから、わが家はファミ家事スタイルが出来上がったんだなと思う。

それでは☆

 

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ