ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時半頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

衣替えとウエス作り|時間を掛けない衣替えと、成長を感じるウエス作り

https://kumamiiro.com

連休前あたりから、急に秋らしい気温になってきた。

秋生まれのわたしは、秋がいちばん好き。

なんだろう、ワクワクするっていうか、ドキドキするっているか、とにかく毎日がHAPPY!

服はハンガー収納で手間知らず

衣替えをしました。

わが家は基本的にハンガー収納です。

外に干したハンガーのまま、クローゼットに直行です。

畳んでいるのは、靴下と子どもたちのズボンぐらい。

手間を削った結果、こんな収納方法になりました。

時間を掛けない衣替え

衣替えと言っても、1日使ってしまうな大掛かりなモノではなく、サクッと終わるレベルです。

オットとわたしの服

わたしたち夫婦の服は3階の寝室のクローゼットに。

ただし、季節外のハンガーに掛かった服たちは、1階の開かずの部屋のクローゼットに入れてます。

このハンガーに掛かっている服たちを入れ替えて終了。

この作業は、多くても2往復すれば終わります。

子どもたちの服

子どもの服は、ハンガーに掛かっている半袖服を畳んで引き出しに入れて、長袖服を取り出してハンガーにかけて終わり。

長男のサイズアウトした服の中で状態が良いモノは、次男が着るときまで取っておきます。

ヨレヨレな服や汚れがひどい服はウエスに。

次男のサイズアウトした服は、もう次に着る人がいないのでウエスに。

着古した服をウエスに

古くなったタオルやハンカチと、着古した服はウエスにしています。

これは、この夏わたしが着倒したオットの服。

オットは大量の服を持っているから、少しでも減らしたくて、わたしが部屋着として使っていた。。

2日に1回は着ていたから首周りがボロボロに。

これで思い残すことはないだろう。

着ていないのに何故か手放さないTシャツはまだまだある。

来年もわたしが着るとするか。。

子供が着ていた服をウエスにすると、使うときに、着ていた頃の記憶が蘇ってくる。

寂しい記憶じゃなくて、この服似合っていたなぁ〜とか、沢山着てくれたんだなぁ〜とか。

こうやって成長を見守るのも悪くない。

さいごに

今回の衣替えでは、半袖を残しつつ、長袖を出しました。

30℃超えの日がまだやってきそう。

毎日20℃ぐらいだと過ごしやすいんだけどな〜。

それでは☆

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ