ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

備蓄食品の見直し|わが家は「ローリングストック」と「長期保存」のいいとこどりで!

https://kumamiiro.com

備蓄食品の見直しをしました。

今日は、わが家の保存方法、消費方法を書きます。

ローリングストックと長期保存、どちらかだけでは続かなかった

ずいぶん前は、備蓄食品=長期保存と考えていたけど、ここ1・2年でローリングストックという方法があると知った。

その両方をやってみたけど、どっちかの方法だけを採用するのは難しかった。

▲上記の写真の食品は、今回買ったモノです。

長期保存できるからと、放置しすぎて、期限切れを起こしてしまった食品が多々ある。

ローリングストックだけでいこうと、缶詰めやカップラーメンや袋麺やレトルト食品を多めに買い、消費しながら減った分だけ買い足す…ってことをやろうと思ったこともある。

常温保存の在庫が多くなりすぎたり、食べて在庫が減ったにも関わらず買い足さなかった…なんてことが頻発し、あっけなく管理不能に。

ローリングストックするモノ

常温保存が出来るモノで、わが家の食卓にも合うモノをローリングストックすることに。

  • 缶詰(ツナ缶、サバ缶)
  • 袋麺
  • レトルト食品
  • カップラーメン

これらは、食べたいときに食べてます。

「いつも○個以上あるように」など細かく決めるのは、管理が複雑になるのでやめました。

食べて在庫が減ってから、在庫がゼロになる前に買い足すことのほうが多いです。

「食べることを見越して買い足したけど、結局食べなかった」…ってなると、収納場所が満員になってしまうのでね( ;∀;)

長期保存するモノ

これらは、頻繁に中身を入れ替える予定がなく、期限が迫ってから食べたり飲んだりする予定。

  • 長期保存水
  • アルファ米各種

水は、以前はローリングストックでいこう!って思っていた。

でも、わが家はペットボトルの水を飲む習慣がないから、消費出来なかった(;''∀'')

だから、水は長期保存水を備蓄!

アルファ米は、味付きのモノを揃えた。

家族内で、非常時にお粥は食べたくないな~という意見で一致したため、お粥大好きな長男が食べちゃいました。

全部、お湯じゃなくて、水を入れれば食べられるという製品をチョイス!(もちろんお湯を入れても食べられるし、お湯のほうが美味しかった)

たとえガスの供給が止まったとしても、カセットコンロがあるから、お湯は沸かせるんだけどさ。

そして、わが家には小麦アレルギーがいるので、パン缶は買いません。

アルファ米も、原材料にアレルゲンの入っていないモノだけを買った。

災害時、誤食が起きたらヤダからね。

でも美味しいんだよね、パンの缶詰って。以前買ったこのパンの缶詰、いつ食べよう。

置き場所は家の中と車の中

よそのお宅は、どんな場所に保管しているんだろう。

納戸とか、床下とか、庭の倉庫とか?いざというときに、すぐに取り出せる場所ならいいよね。

わが家は2か所に置くようにしました。

家の中

わが家が建っている場所は、ハザードマップによると水没する地域。

海抜が低いな…低すぎるな…と思いつつもこの家を購入したわけだけど、最近の豪雨被害なんかを見ていると、この地域に住むのが怖いな~と思う。

…で、1階は水没するモノだと思って暮らしてます。

備蓄食品は1階だと水没されたら困るので2階のキッチンに置きました。

誰が見ても分かるように、中身が透けて見える無印のケースに入れました。

そして、キッチンに入りきらない水は、3階の長男の部屋に置かせてもらうことに。

車の中

車に乗っている時に、突然の大地震…なんてことが起きてもおかしくない。

だから、水も熱源も不要なこれらは車に載せました。

スプーンとゴミ袋も一緒にセット。

渋滞にハマって、子供がお腹が空いたときに食べさせてもいいしね。空腹はイライラの元!

さいごに

備蓄食品って、何をどのくらい用意したら良いのか分からない。

多すぎる!って思われても構わないから、安心できる量を用意しておきたいな。

それでは☆

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ