ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

やめたら楽になったコト|他人の評価は気にしない、自分の気持ちに素直になる

他人からの評価を気にしてやっていたことや、そこまで興味がないにも関わらず続けてきたことを、スッパリとやめてみました。

やめたら楽になったこと

やめたことを挙げたらキリがないけれど、この3つをやめてから身軽になった気がする。

  • 料理の色どりを考えること
  • ファッション誌を読むこと
  • 友達を増やさなきゃ!って思うこと

なんというか、今までは肩ひじ張って生きてきたな~って思った。

もう少し、楽に暮らしてもいいよね。

料理の色どりを考えること

栄養を考えて、味付けも考えて、それに加えて色どりも考えるなんてわたしにはできん。

人参や小松菜は必ず買うから、料理にはオレンジ色と緑色入っているはずなんだけど、出来上がった料理を見るとたいてい茶色いから不思議(笑)

なんで、どれもこれも茶色くなってしまうのか。

食器で色味をプラスする作戦

よくよく考えたら、わが家は作り置きをするから、保存中に鮮やかさなんて飛んで行っちゃうんだよね。

もう色どりについて考える必要なし!

ファッション誌を読むこと

わたしは、人生の半分以上の年月、ファッション誌を読んできた。

20代までは、

  • こういうのが流行っているんだ!
  • かわいい!
  • モデルさん細い~!
  • この服かわいいけど、こんな高いのか。。
  • 「1か月間着回しテク」って書いてあるけど、途中でアイテム買い足してるじゃん!話が違うわ!!

などなど良い感情と黒い感情、両方抱えながら長年読み続けてきた。

足元はだいたいこんな感じ

30代になってからは、ファッション誌を見なくなると、なんか枯れてしまうんではないか…なんて思って読み続けてきた(笑)

枯れを覚悟で読むのをやめたけど、何も変わらなかったです(*´▽`*)アハハ

当たり前だけど、読まなくなってからは流行りのファッションについて疎くなった。

流行りを知らないからこそ、流行りを取り入れなきゃ~とか、こんなの着ていたら時代遅れって思われちゃうかなぁ~とか、思うことなく、自分の好みの服だけを着ることが出来ている。

夏服

今の方がわたしらしい。

いつもの自分が心地いい。

今はライフスタイル系の雑誌を見るのが好き。

人の生活を見れるのは楽しい。

知らなかったライフハックが載っていることも多い。

友達は多い方がいいって思う気持ち

友達はいっぱい居たほうがいいいんだろうなって思っていた。

(わたしがそう言われて育ってきたからなのかもしれないけれど…)

学校だと、友達が少ないだけで「あいつ友達少ないよねvvv」とか言われちゃう。

クラスの1軍に属している人って、必ず友達が多いイメージ。

でも、わたしの性格上、大人数でワイワイするのは好きじゃない。

平日はほとんど家の中にいます

どちらかと言えば『狭くて深い付き合い』がしたいタイプ。

30歳を過ぎてから、無理して付き合いを続けるような人って、友達って呼べないよな~って気づいた。

だから、こっちにも、そっちにも、あっちにも気を使う付き合いはやめました。

疲れるな~っていう付き合いをやめたら、友達と呼べる人数の少なさにビックリ(笑)

長男にも伝えてることがある

小学校へ入ったら、友達は沢山作りましょうって言われると思う。

でも、友達が居ないのは悪いことじゃないし、恥ずかしいことでもない。

全員でワーク中

友達っていうのは、無理して作るモノじゃないんだよって。

仲良くしたいなっていう子がいたら、勇気を出して話しかけようねって。

さいごに

 

やめようとするときって、かなりのパワーを必要とするけど、やめてしまったら本当に楽チン。

今まで(嫌だと思いながらも)外に向けていたパワーを、今は家庭に向けている。

それでは☆

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ