ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

ラクな片づけ、ゆるい家事

はじめてのエアコン洗浄|『掃除はしなくても死なない』は間違ってたなと思ったこと

https://kumamiiro.com

先週末は、業者さんにエアコン洗浄をしてもらいました~!

人生初です!

7月中旬に依頼して、予約できたのが1か月先。

この時期は混むのかな。

それとも、いつもこのぐらい混むものなのかしら。

人生初!エアコン洗浄を業者に依頼

今回掃除をしてもらったのは、リビングと寝室の2台。

今は電気代節約のために、家族全員同じ部屋に寝ていて、長男の部屋のエアコンはほぼ使っていないから依頼しなかった。

作業中の様子

エアコンの掃除なんて、実際に見るのは初めてだから、後方から撮影しまくり。

業者さんの邪魔にならないようにしていたつもりだけど、苦笑いだったような(;'∀')

お邪魔しちゃってごめんなさい~!

広めにブルーシートを敷いてから作業がスタート。

上の写真の黄色の管はこの機械(下の写真)に繋がっているみたい。

きっとこれが高圧洗浄の肝だと思われる…

洗浄が必要なものは、バルコニーで洗ってもらいました。

洗う場所は浴室でも大丈夫だそうで◎

もしかして、外よりも浴室のほうが涼しかったかな(゚Д゚;)

今さらそんなことを思いついても遅いじゃんかー!!炎天下でやらせてしまって、業者さんごめんなさいね( ;∀;)

エアコンの汚れはいかほど?

この家に住み始めて5年半。

恥ずかしながら、5年半溜めに溜めた汚れをお見せします。

黒いぜ!

真っ黒だぜ!!

この水を見た瞬間に汚水の文字が脳内にデーンっと現れました。

…この空気を吸っていたかと思うとゾッとしますね。

ごめんよ~、子どもたち!!

気になる作業費

業者さんに掃除を依頼するうえで一番気になるのは、いくらかかるのかっていうところ。

今回クリーニングをお願いしたのは、普通のエアコン1台と、お掃除機能付きのエアコン1台です。

2台で4万円\(゜ロ\)(/ロ゜)/

いろんなサイトを見たりして、業者さんによって、そこそこ開きがあるなと感じてる。

完全に個人でやっている業者さんは安い。

でも、安いに越したことはないけれど「出来上がりの質に信頼がおけるところに依頼したい」という点がオットと一致して、この業者さんに決めた。

作業終了後に地獄が待っていた

作業が終わり、やっとリビングのエアコンが付けられる~♪と喜んでるときにオットから一言。

「30分間ぐらいは、除湿モードで運転させなきゃいけないんだってさ」

マジかー(゚Д゚;)

除湿モードって、すんごい暑いですよね。

作業中と作業後に過ごせる部屋の確保が必須です。

(わが家は、作業中も作業後も、エアコンの付いている長男の部屋に家族全員で籠りました)

長男の咳・鼻水・くしゃみが無くなった

喘息の診断を受けている長男。

最近は咳も鼻水もくしゃみも増えたように思う。

エアコンクリーニングをやろうと決めたのは、長男の主治医の一言からです。

「エアコンの掃除はさ、フィルターのホコリを取るだけじゃダメだからね!奥に潜んでるカビとかも掃除しないと、空気中にまき散らしてることになるよ」

この主治医の一言で、クリーニング代をケチっている場合ではない!と頭を打ちぬかれた感じがしましたね。

エアコンクリーニングをした日の夜から、嘘のように咳も鼻水もくしゃみも止まった。

『掃除しなくても人は死なない』という言葉をよく耳にするし、わたしも便利に多用してきた。

でも、体は嘘をつかないね。

死なない程度に、体を痛めつけていたんだなと感じた。

みなさん、掃除は大事ですよ。

さいごに

見えない部分の掃除は放置するのではなく、プロに依頼するのが正解だね。

しばらくはステイホームが続くだろうから、綺麗な空気で過ごせて幸せだなあ(´艸`*)

それでは☆

 

-ラクな片づけ、ゆるい家事

© 2020 くまみいろ