ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

良くも悪くも平和慣れ|後悔のない日々を送りたい。楽しく暮らす、一生懸命に暮らす

https://kumamiiro.com

今年で戦後75年。

原爆の日や、終戦記念日が来るたびに思うことがある。

今生きていることに対する感謝とか、家族に対する気持ちとか、なんというか、死と隣り合わせじゃない事のありがたみを感じる日です。

天災が来るたびに思うこと

小さな地震が続くと、近々大きな地震が来そうで怖いなって思う。

日本のどこかで大き被害が出ているニュースを見ると、次はこの地に来るのかなって怖くなる。

怖い怖いと思っていても、なんだかんだ時間は過ぎていく。

『備えあれば患いなし』とは言うけれど、心の備えは出来ないもんだなと思う。

わたしにとっての貴重品

先日、久しぶりに緊急地震速報が鳴り響いた。

家にはわたしだけ。

スマホとテレビ、両方からあの音が聞こえてきた瞬間、怖いな~とか大丈夫かな~とか思うより先に、いつも使っているリュックに貴重品を詰めている自分がいた。

スマホと財布と母子手帳。

スマホには家族の写真が詰まってる。

財布には自分が自分であることの証明が入ってる。

母子手帳には子供たちと親子であることの証明が詰まってる、

母子手帳の、出生の記録のページだけでも、消えないようにラミネート加工をしておきたいなぁ。

そして、わたしの指にはオットと夫婦だという証拠がある。

いつが最後になるかなんて分からないから

日中に地震とか台風が来て、家族がバラバラ逃げることになるかもしれない。

「あの時あんな事言わなきゃ良かったな」

「あんな態度取らなきゃ良かったな」

そんな思いが残るのは嫌だな。

朝は時間がなくてイライラすることが多いけど「行ってらっしゃい!」は元気に言って送り出したい。

おでかけ前とおやすみ前は、家族みんな気分良く!

大正生まれのおばあちゃんの言葉

わたしの母の母。

わたしのおばあちゃんは今年で101歳。

長男を妊娠したことを報告したときは「生まれるまで生きているられるか…」なんて言いながらも生き延びた。

次男を妊娠したことを報告したときもおなじ。

今では、目はあまり見えないし、耳はとても遠いけど、身の回りのことは全て自分で出来る程度には元気。

大正、昭和、平成、令和と生き抜いてきた人。

そのおばあちゃんがいつも言ってるセリフがある。

「元気ならそれでいい」

戦争も天災も経験してきた人から発せられる、言葉の重み。

子供を持ってから、この言葉がスーッとわたしの中に入ってきた。

うん、家族が元気ならそれでいい。

さいごに

未来への不安は消えることはない。

だからと言って、先のことばかり考えて暮らしていくんじゃなくて、今も大事に暮らしたい。

それでは☆

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ