ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

ラクな片づけ、ゆるい家事

わたしの習慣|生ゴミを冷凍するワケ、床に落ちている髪の毛を拾うワケ

https://kumamiiro.com

節約やダイエットや掃除って、共通するものがあるな~って思うことがある。

それは、どちらも『塵も積もれば山となる』ってこと。

そして、どれも『継続は力なり』の言葉の通りで、1度やるだけではなく、コツコツと継続してやるのが重要ってこと。

どれもこれも苦手。

節約とダイエットは耳が痛い話。きっとわたしが語ることはないだろう。

ってことで掃除の話を少しだけ。

汚れれば汚れるほど手を付けたくない

ゾワゾワしてしまう内容を盛り込んでしまったのですが、読んでください。。(笑)

過去の住処①

わたしが1人暮らしをしていた家はワンルーム。

玄関を入るとすぐに洗濯機置き場があって、その隣はキッチン。

廊下=キッチンっているような造り。

その時代は、ゴミが沢山落ちているような汚部屋ではなかったけれど、見えない場所や汚いことが想像できてしまう場所は手を付けなかった。

だって、何が出てくるかわからないじゃん?

だからだよ!

引っ越しの時に、洗濯機の跡を見てビックリしたよ!!

Gが溶けたであろう跡がポツポツとあったよね~。

それからです。

洗濯機周辺の掃除にこだわるようになったのは。

いや~、あれは地獄絵図だったよね~。

洗濯機置き場がキッチンの真横だったから、野菜クズが飛び散っていたんだろうね~。

髪の毛でさえ食べるらしいから、抜け毛がたくさん落ちていたんだろうな~。

過去の住処②

新婚時代は2DKのアパートに住んでいた。

マンションじゃなくて、アパートね。

キッチンのゴミ箱には、生ゴミをポイポイと放り込んでいたわたし。

新婚時代から使っているゴミ箱

コバエが湧くよね~。

ゴミ箱の蓋を開閉するたびに、コバエが舞うよね~。

そんな汚いゴミ箱を洗うなんて気持ち悪くてイヤだから、当時は洗った記憶がない。

過去の過ちを繰り返さないために

今の家に引っ越したことを機に、床に落ちてる髪の毛は見つけ次第すぐに拾うし、臭わないゴミ箱にすると心に誓ったの。

隙間の掃除は頻繁にする

床に落ちてる髪を見つけ次第拾うのはもちろんのこと、ソファやベッドは毎日クイックルワイパーを掛ける習慣を付けた。

もちろん、洗濯機の下も頻繁にハンディクイックルをかけている。

頻繁にハンディクイックルを掛けていても、髪の毛が数本出てくる。

『塵も積もれば山となる』の言葉の通りで、この数本の髪の毛を野放しにすると、地獄絵図アゲインになる。

生ゴミの処理方法

生ゴミは冷凍保存することになった。

ゴミっていう名前が付いているけど、野菜や果物の皮がほとんどだから、汚くはないと思うのよね。

冷凍スペースを圧迫するから困りものだけど。

ニオイがゼロだから、コバエもゼロ。

コツコツと、コツコツと。

冒頭にも書いたけど、やっぱりコツコツとが1番なんだよね。

掃除もダイエットも節約も。

あ、勉強も。

今週中に、レール部分の掃除をすると決めた!

コツコツとやれば、時間を掛けなくても綺麗になるし、お高い洗剤に手を出さなくても済むと思うし。

今年こそ、大掃除をやらずに済むような状態を作っておきたい。

さいごに

あの過去がなければ、今も手付かずにしていたかもしれない。

失敗は繰り返してはならぬ。

安心して眠れる家を、虫たちに支配されない家を作りたい。

それでは☆

 

-ラクな片づけ、ゆるい家事

© 2020 くまみいろ