ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

梅雨が始まるそのまえに、人生初の梅仕事【梅酒作り】をしました

https://kumamiiro.com

梅を漬け込む作業のことを、梅仕事っていうんですね。

最近知りました!

解禁日を目指して梅酒を漬ける

何年も寝かしておいて、子どもたちが成人したお祝いに飲む…なんてことはする予定になく。

今回作る梅酒を飲む時期は決めている。

今年の晩秋。

晩秋には次男を卒乳させる予定。

つまりアルコール解禁です(*´▽`*)

ささ、その日に向けてせっせと仕込みます!

けろやまさんのレシピを拝借

けろやまさん(@keroyama_)が書かれてるブログ、けろやまデイズのレシピを参考に作りました!

こんなに詳しい梅酒のレシピってあるんだね~。

分量も大事だけど、消毒方法とかの基本のキから書いてあるから、けろやまさんのブログ通りにやればいい。

わたしは従順なので、梅酒のビンはここで紹介されているものを購入しました~!

作る人は、けろやまさんの記事を参考にするといいよ。

人生初の梅仕事

材料はこちら。

青梅1㎏、ホワイトリカー1本、氷砂糖1㎏

はじめての梅酒づくりだから、青梅はお取り寄せしてみたよ。

近所のスーパーで売られている梅よりも大粒だった!大粒のほうが美味しくできるのかは不明。。

梅の下処理

梅を洗って、ヘタを取る。

ヘタを取るなんて知らなかったな~。

爪楊枝で取ったんだけど、ポコポコ取れるから気持ちいい。あと2㎏分ぐらいやり続けたかった!

続いて乾燥させる。

竹のザルを使って乾燥させると手仕事をしてる感があるけど、わが家にはないから水切りラックの上で。

わが家のアイテムだけでは、丁寧な暮らしの演出はできないなぁ。残念だ。

保存瓶の下処理

煮沸消毒ができる大鍋はないから、アルコールで消毒した。

綺麗に洗浄して、しっかりと水気を拭き取り、アルコール消毒。

保存中に腐敗したら悲しすぎるよ( ;∀;)

漬け込み作業

ここからは長男も参戦!

梅の実と氷砂糖を交互に重ねる。

慎重にね!実を傷つけないようにね!!って口うるさく言ってしまった(;・∀・)

ホワイトリカーを注ぐ工程で、静かに注いで!って言うのがおそくなってしまったら、ジャバババ~って音を立ててたわ(;゚Д゚)

1つ前の工程で梅の実と氷砂糖を交互に重ねていったけど、ホワイトリカーを雑に注いだせいで、氷砂糖が瓶の底に落ちてしまった気がする。

気のせいじゃないと誰か言っておくれ。。

氷砂糖の量で悩む

黒糖梅酒のような梅酒は苦手だけど、梅酒は甘い方が好き。

チョーヤのサイトとか、青梅農家さんのサイトには、氷砂糖は1㎏使うっているレシピだった。

でも、けろやまさんは氷砂糖は200~300gぐらいしか入れないって言ってたなぁ(直接聞いたわけじゃないけど…)

「出来上がりは酸味が際立つ」と書いてあったから、かなりの大人味なのかな~と推測。

わたしの好みは、甘い梅酒。

王道の梅酒、昔ながらの梅酒、基本の梅酒、そんな表現が似合うような梅酒が好み。

だから氷砂糖は1㎏入れた!

さて、どのくらいの味に仕上がるのか楽しみだ!

仕込んだ日付けを記載

仕込んだ日を忘れないように、長男ラベル作成を依頼してた。

そしたら、青梅のイラスト付きの素敵なラベルが完成したよ!

これをマステで瓶に貼り付けて、全行程が終わった!

今後は、数日おきに瓶を揺らして中身を混ぜてあげることを忘れずに。

さいごに

梅酒の瓶は冷暗所に置いておくのが良いみたいなんだけど、わが家には暗部屋はあっても冷部屋はないんだわ。

ってことで、リビングの納戸に置いてみた。

この場所に置いたのが吉と出るか凶と出るか。

晩秋になるのが楽しみだ!

それでは☆

▼ 保存瓶はコレです ▼

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ