ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

家具・雑貨・服

フランネルソファ【SIESTA(シエスタ)】のある暮らし

2020-05-26

https://kumamiiro.com

家族みんなで座れるソファを買いました。

フランネルソファというお店の、【シエスタ】という名前のソファ。

今日は、わたしが感じたシエスタの魅力を綴ります(*´▽`*)

▼ 階段から搬入できなかったときの話はコチラです ▼

あわせて読みたい

ソファ専門店フランネルソファ | SIESTA (シエスタ)

ブロガーでもある友達宅でフランネルソファの存在を知ってから、買い替えるときはフランネルソファが良い!って決めていた。

北欧風で探している人にもオススメのお店。

わが家が購入したのは【シエスタ】の2人掛け(幅:160cm)+スツールラージ(幅:64cm)

シエスタは奥行きが90㎝もあるから、ちょっとしたベッドのよう。

シエスタって、スペイン語でお昼寝っていう意味なんだってね。『名は体を表す』ってこういうときに使うのかしら。

クッションが1つ付いてくるよ。

60㎝四方の大きなクッション(右)

クッションはソファと同じファブリック。色の変更はできない(と思う)。

わたしが欲しいソファの理想像

せっかくお金を出して買うのだから、これっぽっちも妥協はしたくない。

絶対に外せない!という点を挙げてみた。

  • ロータイプであること
  • ひじ掛けがないこと
  • 脚は木製であること
  • 3人掛け以上であること
  • 座面が1枚続きであること
  • 淡い色合いであること

3人掛けを探していたけれど、2人掛け+スツール(オットマン)という形態のほうが、自由度が高いかなと思って、そのようにしました。

フランネルソファは唯一無二のフォルム

それでは【シエスタ】がどれほど理想通りのソファだったか、勝手に綴ります。

決して包み込まれない座り心地

友人宅で見たPENTAもそうだけど、とてもフラットなフォルムなの。

四角いっていうか、ペッタンコっていうか。

例えるなら、社長室にある応接セットのソファとは対極にあるような感じかな~。

映画館とか、劇場にあるような椅子に近いかも!

でも、いいのよ!

どこまでも沈みこむソファって、ずーっと座っていると疲れちゃう。

シエスタは座面がしっかりと支えてくれるから沈みこまない。

包み込まれない優しさもある。

特徴のある背もたれとひじ掛け

背もたれ部分もひじ掛け部分も、とても低い。

このソファをはじめて見たとき、特徴はここに凝縮しているように思えた。

ソファに座る目的は、テレビを見たいから。

テレビを見るときは、クッションを抱きかかえてみることが多い。

だから、ソファにひじ掛けは不要だと思った。

で、この低いひじ掛けは枕にもなるんだよ。

ここでゴロンとしながらテレビを見たいぜ。

生地見本を取り寄せられる

ショールームのライトの下で見た色味と、自宅で見たときの印象が違ったら困るから、生地見本を取り寄せてみました。

想像していた通り、自宅で見ると、色の印象が少し違いました。

家にあるクッションの色味には合うかな~とか、カーテンの色味とケンカしないかな~とかもチェックできますよ。

購入を考えている方は、絶対に生地見本を取り寄せたほうが良いです!

サイドテーブルも買いました

ソファに座って、コーヒーを飲みながら、テレビを見る。

これが目的で買い替えたソファなので、それを叶えるためにサイドテーブルも購入。

木に見えるけど、これは竹。

キャスター付きだから、掃除もしやすくて良いです。

キャスターにはロックが付いているから安心です。

さいごに

生地は素材と色を選べます。

脚は材質によって形が違います。

こんな良いソファを買ってしまったから、引きこもりに拍車がかるだろうなぁ。

大切に使っていきたいです。

それでは☆

 

-家具・雑貨・服

© 2020 くまみいろ