ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

消耗品は自分ちにとっての定番がいい

https://kumamiiro.com

消耗品、たとえばトイレットペーパーや洗剤は、なんとなくいつの間にか、自分ちにとって定番品と呼べるものが存在する。

定番品が出来てしまうと、それ以外の製品を使った時の「これじゃない感」がエゲツナイ。

定番品以外を買うと感じること

ところで、近所のドラッグストアにトイレットペーパーが戻ってきたのは、5月の連休後。

そう、つい最近なのよ。

どんだけ買い占め客が多いんだよ~、この地域は。。

たしか、3月のある日を境に店頭からトイレットペーパーが消えた。

残り2ロールになったところで、やっと手に入ったトイレットペーパー(定番品じゃないやつね)

これじゃない!をいちばん感じるものはトイレットペーパーだと思う。

手触りも、お尻触りも(キャッ‼)、香りも、なにもかもが違う。

だからついつい、ここは旅先かよ!っ突っ込んじゃったよね。自分で買ったくせにさ。

外装を外してトイレの棚にいれてしまったから、銘柄が不明なトイレットペーパー。

わが家の定番品よりもお高い。

個人的な好みなのだが、この柄が好きではない。

待ってました!わが家の定番品!!

これよ、これ。

わが家でトイレットペーパーと言ったらコレを指すの!

無香料。

1.5倍巻。

やっぱりコレだわ~って、わたしのお尻が言っている。

備蓄は少量で問題ない

保育園が休園になってから、トイレットペーパーの消費ペースが速くなるかな~と思っていたけど、全くそんなことはなかった。

いつも通り。

よくよく考えたら、うちの子は男だったわ。

1パックあったら2か月ぐらいもつような。。

今後も、焦って買わなくて大丈夫だな。

さいごに

消耗品って書いたけど、調味料もそうかも~。

お醤油やお味噌が変わると「おや?」って思う。まぁ、わたしの場合はすぐに慣れるんだけどさ。

ってことで、定番品じゃないと永遠と違和感を引きずる品はトイレットペーパーです、というお話でした。

それでは☆

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ