ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

母の日2020はキッシュから始まって、そして終わった

母の日と父の日を一緒にして、ファミリーdayとして欲しいなぁなどと思いながら、今日もブログを書いています。

わたしは期待する女

母の日当日は、ついつい二度寝してしまった。

起きたらオットがキッシュを作っていた。

母の日だから?

そうなの?

母の日だから、朝からそんなに手の込んだメニューを作ってくれてんの?

この後にサプライズとか準備してたりする?

わたしサプライズは苦手だけど、いいよいいよ!ありがたく受け取っちゃうよ!

そんな期待が頭の中を駆け巡る。

・・・・・・気付いたらもう食後。

え?

え??

食事中に長男から何か一言があるのかな~とか、もしかしてミニブーケとか出てきちゃったりするん??

なんて思いながら食べ進めてたら、見事に何もないまま終了でした。

あ、キッシュの味ですか?まぁ美味しかったですよ。

オットよ、聞いてくれ

母の日って、オットのやる気が全てだと思うんですよね。

とくに子供が小さいうちは。

子どもが自ら「おかあさん、いつもありがとう」なんて心温まるセリフを、言ってくれるご家庭はあるのかしら?

長男がわたしに感謝するときなんて、唐揚げを作ったときぐらいじゃなかろうか。。

いいんですよ、いいんですよ。

長男の木(右)、次男の木(左)

所詮、男兄弟の母親なんて飯炊き女なんですから。

しかしですよ、わたしは欲しがる女なんです。

上っ面の言葉でいいから、母の日に「ありがとう」の言葉を聞いてみたいのです。

そのためにも、オットが仕組んでくれても良かったのに。

感謝される立場、感謝する立場

…とまぁ、ここまで感謝されたい!と言い続けてきたけれど、ちょっと冷静になって考えてみたよ。

子どもがいなきゃ母親になれなかったわけで、子どもに対して「わたしの元に、生まれてきてくれてありがとう」と言う日でもあるのかなって思う。

だとしたら、母の日の当日は言い忘れたわ。

伝わるか分からないけれど、本人に言っておきたくて翌々日に抱きしめた。

長男は「なんだよ~」とか「いてぇな~」とか言いながらも、笑顔だった。

母親に電話

次男が生まれてからは、最低でも週1階は電話をしてる。

特に、このステイホーム中は2日に1回は話しているような気がする。

この日は、気づいたらいつも通りの世間話に花が咲いてしまい、危うく電話を切ってしまうところだったわ。

本当は、お母さんがわたしを産んで育ててくれたから、わたしも母親になれたよ~って言いたかったんだけどさ。

そんなこと、恥ずかしすぎて言えるはずもなく、

「もう若くは無いんだから、無理しちゃダメだよ~」

なんて言ってしまった。

どんなひねくれ野郎なんだよ、わたしは(ノД`)・゜・。

孫の存在が明日への活力らしいから、早く会わせてあげたいな~。

さいごに

さて、父の日はどうしましょう。

みなさんはどんな母の日を過ごしましたか?

それでは☆

 

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ