ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

家具・雑貨・服

家族で食卓を囲みたいから、リビングテーブルは円卓!

2020-04-17

https://kumamiiro.com

リビングのローテーブルを新調しました。

コロナショックで、世の中は不景気になってしまうのかしら。

今後、オットの仕事は大丈夫なのかしら?と不安はあるけれど、後悔はしていない!

リビングのローテーブルに円卓を採用した

円卓っていわゆるちゃぶ台のことだよね?

まさか自分がちゃぶ台を買う人間になるなんて。

めっちゃバカにしてたんですよ、ちゃぶ台って…プププ(´艸`*)

子どもはテーブルの下が好き

でも、買いました。

この令和の時代に。

使い始めてまだ日は浅いけど、食卓を囲むってこういうことね!っと日々実感してます。

今まではオーバル型を使用

今までのローテーブルは、当ブログにも幾度となく登場してるコレ。

これは、以前勤めていた会社の同僚から譲り受けたもの。

同僚はどれくらいの期間使っていたのか分からないけど、貰った時からけっこうキズがあったんだな。

わが家でも6年は使ったから、もう十分かな~と思って新調することに。

先入観を払拭!わたしが円卓に決めた理由

わたしは「円卓はダサイ」という印象を持っていた。

友人宅に行っても、円卓を使っているのを見たことが無い。

円卓を使っているのは、サザエさん宅ぐらいだろうなって思ってる。

今までオーバル型を使っていたけど、わたしはこの形に不満があった。

その不満は、

  • 横長のところに、1人だと広すぎるけど、2人は座れない。(サイズが大きければ違ったのかもしれない)
  • 対面に座ると近すぎて超圧迫感

きっとこの手のテーブルって、ソファーの前に置く仕様なんだろうなあ。

(過去画像から)鍋が囲めないほど細い形状

正方形か円形だったら、どの場所に座っても平等だし、対面で座っても圧迫感がない。

わが家は平日の朝食以外はテレビを見ながら食べているから、ローテーブルには食事ができるタイプを求めてる。

…ちゃぶ台も良いんじゃないの?もしかして。

っていうか、食事をするのならば、ちゃぶ台が最適なのでは…(*´▽`*)

使って実感!円卓の良いところ

それはなんと言っても、テーブルを囲んで食事ができること。

2人以上で食事をすると、嫌でも顔を合わせることになるかんじ。

その距離も、近すぎず、遠すぎず。

あと、なんだか部屋の雰囲気が変わった気がする。

オーバル型のときよりも、ちゃぶ台のほうが優しい印象を受ける。(思い込みかもしれないけれど)

ダサくないのには理由がある

それは、ちょっとだけ凝ったデザインだから。

ちゃぶ台にもデザイン性を求めます。

このテーブルは脚が素敵(*´▽`*)

天板よりも脚のほうが外側に付いているの。

そして、脚は下へいくほどほっそりとした形状。

人間の足と同じく、サリーちゃんのような脚よりも、キュッとしまった脚のほうが美しい。

実はコタツ

コレ、実はコタツなんです。

バンボの定位置はテーブルの下

わが家にコタツを導入すると、確実にここで寝てしまう。

家族全員ダメ人間になってしまうのは目に見えている。

なので、コタツとして使う予定はない。

誘惑に負けたら、コタツが登場するかもしれんけど。。

さいごに

床に座って食卓を囲む。

ダイニングテーブルで食事をするのとは一味違います。

円卓って、洋風の部屋にも合いますよ♪

それでは☆

 

-家具・雑貨・服

© 2020 くまみいろ