ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時半頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

時計のある暮らし|『なんとなく時計』と『きっちり時計』

2020-04-09

https://kumamiiro.com

時計って、部屋の顔みたいな存在だと思ってる。

だから、時計はこだわって決めた。

そんなわが家の時計を3つ紹介します。

リビングダイニングには『なんとなく時計』

リビングは家の主役!

とにかくドーンと大きい時計が欲しかった。

丸くて数字のある時計だと、なんだか駅や公園の時計みたいで、なんだかオシャレには見えなかったんだな。

で、目に留まったのがこの時計。

((あ、数字は時計の付属品ではないです))

リビングの時計は、なんとなくの時間が分かれば良い時計。

ただ、ゴロンと横になりながら見ると、どっちが上で、どっちが下なのか分からなくて(針が何時何分を差しているのか全く分からない)

数字が無いからスタイリッシュ!!って思って買ったけど、数字を貼ってもオシャンだと思うわ。

寝室には『きっちり時計』

この時計にした決め手は、秒針の音がしないから。

時計の音ごときで寝付けないような繊細なわたしではないけれど、オットは気になると寝れないらしい(いびきかいて寝ているのにね)

あ、もちろん見た目も好き!

超シンプルで、飽きがこないと信じてる。

無印に売っていてもおかしくないな~と感じる見た目。

寝室の時計は寝起きに見るから、ボンヤリした頭でも読み取れるように、きっちりとした時刻がわかるものが良い。

リビングのような時計だと、ボンヤリ頭では時刻を把握するのに時間が掛かりそう。

白地に黒の針。

パッと見て分かるからいいね。

そしてこの時計は電波時計。

長男の部屋には『きっちり時計』

時計の読み方を教えるのって難しい。

なんて説明すれば伝わるのか。

この時計は、それを可能にしてくれた。

数字の8のところは40分って言う意味なんだよ。

午後の8時は20時っていうんだよ。

などなどの説明が伝わりやすい。

まさに百聞は一見に如かず。

わたしは長男と一緒に、時間に関するクイズをしてる。

その時、絵に描いたりするよりも、実際に動いていること時計を見ながらやってる。

子ども用の時計と考えると、かなり高い時計だなとは思うけど、時計を見て覚えてくれるなら良し。

この時計も電波時計。

さいごに

トイレにも洗面所にも時計はない。

使っていない部屋が2つあるけど、そこにも時計はない。

必要に迫られてから買おうと思っているけど、まだその時が来ていないみたい。

時計って毎日見るモノだから、妥協はしなくて良かった!って心底感じてる。

それでは☆

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ