ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

シンプルな考え

わが家の備蓄食品。足りないかも…でザワつかないためにやっていること

https://kumamiiro.com

一時期は、1週間以内に食べる分だけ、いつでも買いに行けるから余分は持ちたくないって思っていた。

でも、昨年の台風をきっかけとして、日持ちする食品は多めに置いておきたいと思うように。

そんなわが家の備蓄食品について書いてみたのでどうぞ。

個数で管理しない。食品庫に入るだけ買っていい。

収納庫はどこもスカスカが美しい、綺麗に並べられるぐらいの量が理想、何個切るまで買い足さない、そう思ってた。

でも、緊急時に、食料は足りるかな…って不安な気持ちで過ごすほど、心がザワつくことはない。

パスタソースはうどんに掛けても、ごはんに掛けてもOK

個数で管理しない。

このスペースに入ればいい。

そう思ったら、心のザワつきがなくなった。

空間は仕切らない

このカゴに入るだけ~と思っていても、この仕切り内に入るだけ~と思っていても、空間を仕切るものは用意しないほうが、収納しやすいなって感じてる。

食品のサイズは様々だから、仕切るのが難しいって思っているんだけど、綺麗に仕切っている人はどうやっているのか知りたいところ。

わが家のこの引き出しは、知らない人が見たら、雑然と詰まってるな~!!!って感じるんだろうなって思う。

シンプルな暮らしはどこへ?!なんて思う人もいるかも。

テキトーに入れているように見えて、実はジャンルごとに分けて入れてる。

カップラーメン・缶詰・お餅

これらは減るたびに補充。切らすことがない。

大食漢のわが家、5歳の長男も大きいサイズのカップラーメンを食べてる。

缶詰はサバ缶とツナ缶をストックすることが多い。

そのまま食べても、料理に使っても美味しいよね。

以前は考えられなかったけど、今では1年中お餅を食べてる。

お米の在庫の確認を忘れて、明日のお米がない~って思っても、お餅があると安心。

お手頃価格のお餅しか買わないよ。これで十分に美味しい。

さいごに

外出禁止要請が出る日も近いのかなって思うと、買えるときに時に買いだめしとかなきゃって思っちゃう。

それぐらい、今のわたしの心の中はザワついてる。

そんなときは、キッチンへ行き、これらの備蓄品を見て「まだ大丈夫!」という気持ちを取り戻してる。

それでは。

  • この記事を書いた人

くまみ

1983年長野県上田市生まれ。 都内下町エリア在住。 1つ年上のオットと、2014年と2019年生まれの息子の4人家族。 『暮らしやすい家』をコンセプトに、わが家の暮らしを綴っています。本業は管理栄養士。

-シンプルな考え

© 2020 くまみいろ Powered by AFFINGER5