ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

キッチン

【貝印|リトルシェフクラブ(パンダ)】5歳の包丁デビューは、ちゃんと切れる包丁を!

https://kumamiiro.com

長男から包丁使ってみたい!と何回か言われたことがある。

そのたびに、

この包丁は危ないからダメだよ~

絶対に触っちゃダメだよ~

と言い続けてきた。

いつかは握らせないと!って思ってはいたけれど、ケガしたらかわいそうで。

今日は5歳長男の包丁デビューの話です。(包丁レビューは、この記事の後半に出てきます…)

5歳長男の包丁デビュー

「刃物は危ない」

「包丁を持っている人の後ろには立たないで」

「包丁の扱いを間違えると指がなくなっちゃうかもしれない」

等々、長男には包丁の恐ろしさを執拗に伝え続けてきた。

あの可愛い手に、縫うような傷を負ってしまったらどうしよう。

きっとわたしは、長男が包丁から興味を無くすように仕向けていたんだと思う。

ピーラーは上手に使えるようになったけど、包丁だけはまだ私の心の準備が出来ていない。

でもさ、このままじゃイカンのだ。

どこかで腹をくくらないと!

3歳の夏。お風呂上りにこんな格好でままごとをしていた(笑)

興味の芽が枯れないうちに

考えてみたら、長男はキッチン用品売り場が大好き!

大型スーパーや、ホームセンターに行くと、いつの間にかキッチン用品売り場で1人でままごと遊びを始めている。

わたしは、長男は女の子の遊びが好きなんだな~なんて時代錯誤の見方をしていた。

今ならハッキリとわかる。

長男は料理がしたいんだ。

本物を使って料理がしたいんだ。

これを書いていてふと思い出したけど、お風呂の中で遊ぶ時は、いつも何かしら料理をしてるなぁ。

長男の興味の芽はまだ枯れてない!

わたしの腹は決まったぞ。

貝印 / リトルシェフクラブ 包丁(パンダ)

コレ、長男が自分で見つけてきたんです。

ホームセンターへ行ったとき、いつものように1人でキッチン用品売り場へ行って、何か熱心に見てるな~って思っていたら「欲しいモノがあるんだけど…」って。

何かな~って思って見てみたら、こども包丁だった。

自分で包丁売り場を探して、こどもにも使える包丁を見つけ出したらしい。

これは本気だなと母は感じましたね(笑)

安全のために、切れない包丁(柔らかい食材は切れる)のほうが良いかな~って思ったけど、コレに決めて大正解でした!

包丁の刃

食材を切る部分は、両端から1㎝ぐらい内側に入った部分。

だから、アゴ部分に指の腹を当ててみても痛くない。

先っちょも尖ってないから、痛くない。

これらの部位を万が一触ってしまっても大丈夫って思うと、親としては安心だよね。

逆に言うと、この部分で食材を切ることはできない。

子どもにやらせることはないと思うけど、ジャガイモの芽を取るとか、肉のスジを切るとかは到底無理。

切りごこち

乱切りのような切り方は問題ない。

固い人参、柔らかいトマトも普通の力で切れたよ。

この包丁でカボチャを切る気にはなれないけど、刃が薄いから切れないと思う。

千切りのような繊細な切り方はテクニックが必要そう(やってないけど)

カレーや肉じゃがみたいに、具が大きくてもOKな料理をお手伝いしてもらえばいいね!

始めて切った食材はセロリ

なぜセロリ(笑)

わたしがいないときに、オットと長男の二人で練習をしたみたい。

翌日の朝食に出てきましたよ。

セロリの洋風浅漬け…っていうか普通はピクルスって呼ぶか。

はい、上手に切れてます!

ってか、初めて包丁を握ったのに、こんなに薄く切れるん?!

もしや、あの子は天才なんじゃ…

さいごに

貝印のリトルシェフシリーズは3つの種類がある。

で、今回買ったのは最も切れ味の良いもの(パンダさんの絵がついている)

5歳ならこれで良いと思う。

5歳ともなると、切れ味というものが分かるらしい。

「スパッと切れて気持ち良かった」「薄く切れると嬉しい」とかナントカ、自分なりの感想を持っているみたい。

母ちゃんは、君がつくってくれたカレーライスを食べたいな。

では、また~☆

  • この記事を書いた人

くまみ

1983年長野県上田市生まれ。 都内下町エリア在住。 1つ年上のオットと、2014年と2019年生まれの息子の4人家族。 『暮らしやすい家』をコンセプトに、わが家の暮らしを綴っています。本業は管理栄養士。

-キッチン

Copyright© くまみいろ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.