ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

わたしが「おかずの大皿盛り」をしないのには理由がある

https://kumamiiro.com

わが家の食事風景は何度かブログにあげているから、気づいている方も多いと思うが「大皿から取り分ける」というスタイルではない。

つまり銘々盛り。(正式名称は知らん!)

わたしが「銘々盛り」をしているのには理由がある

大皿から自分が食べたいものを食べたい分だけ取るスタイル、ビュッフェスタイル?おばんざいスタイル?

ちょっと呼び方(名前)は分からないけど、わが家ではそういう提供方法はほとんどしていない。

大皿盛りをするときといえば、

  • 誕生日やクリスマスなどのパーティー
  • そうめんの日
  • 唐揚げの日
  • 手巻き寿司の日

これぐらいだと思う。

わが家が大皿盛りで出すメニューは、間食するものばかりだな。

食べた量を把握したい

食事量の把握は、とく子どもや食の細いお年寄りには必須なことだと思う。

大皿から食べたいだけ取って食べるというビュッフェ方式だと、何をどのくらい食べたかが把握できない。

手を伸ばしていたから食べたと思うけど、お肉ばっかり食べていたのかな?野菜も食べたかしら?なんて勘ぐっちゃうわ。

唐揚げの日はドーンと出す

自分も食べながら、家族が何を食べたかなんてイチイチ覚えてられないわ!

銘々盛りだと、何を食べて、何に手を付けていないのかが一目瞭然!

食事量をコントロールできる

1つ目と似た感じになってしまうけど、ある程度、食事量がコントロールできる。

食べて欲しい分量を盛り付けておく。

食が細い人に対しては、最低限クリアして欲しい量ということになる。

いつもより残っている量が多かったら、調子が悪いのかな?とか、噛みずらい食材があったのかな?と気づいたり声掛けすることもできる。

反対に、食べすぎてしまう人に対しては、食べすぎ防止に繋がるはず。

1回の食事で食べられる量はコレだけだからね~、ゆっくり食べようね~なんていう声掛けが出来るかもしれない。

食事のペース配分を覚えさせる

これは子どもに対してだけど、

「目の前に用意された量を食べ終わる為には、自分は何分あれば食べ終わる」

という感覚を身に付けてほしい。

朝食はこんな感じ

急がせて食べさせたいわけではなくて、食事に集中して欲しいから。

この子は食事に時間が掛かるから、○時までに食べ始めないと間に合わない!っていうことも分かるよ。

余談ですが・・・

ちょっと話は逸れるけど、保健指導の仕事をしていると、朝食を抜く中年層が多いこと!

朝は食事の時間が取れないから食べてないって言うんだよね。

(朝食は食べなくてもいいって言ってる専門家もいるけれど、わたしが勉強した限りでは朝食欠食はダメだと思ってる。)

時間が無くて食べれないって、この人は時間配分が下手くそなのかなって思う。

食事に掛かる時間を逆算して起きればいいのになって。

メタボで保健指導の対象になる人は、朝食欠食の割合がめっちゃ高かったです。

すいません、愚痴りました。。

冷蔵庫内が皿だらけにならない

大皿で食卓に出して、残ったときはどうしてるんだろう。

わたしの実家はかなりの確率で、お皿のまま冷蔵庫で保存していた。だから、冷蔵庫の中がゴッチャゴチャだったな。今もだけど。

そうなると、上に空間があっても重ねられない。

ラップが剥がれてしまったら、臭いは充満するし乾燥もするし。

個人的には、一度お箸を付けたおかずをそのまま保存するのは、ちょっと気分が良くないわ。

さいごに

銘々盛りの良いところをまとめると、

  • 食べすぎ防止
  • 食べなさすぎ防止
  • 冷蔵庫の中がカオスにならない

と言ったところでしょうかね。

大皿ドーン!派の方は、やってみることをオススメします。

では、また~☆

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ