ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

未使用の切手とハガキをレターパックに交換してもらう

https://kumamiiro.com

くまみです。

先日Twitterのフォロワーさんに教えて頂いたことがある。

それは、家に余っているハガキや切手を郵便局に持って行くと、レターパックに交換してもらえるということ。

あります、あります!!大量にありますよ!!

懸賞にはまっている頃、買いだめしていたハガキ。

そして、どうして買ったのかわからん切手シート。

郵便局へ持って行こう

郵便局へ持って行けば、局員さんがすべてやってくれるだろう…と思い、枚数を数えることもなく窓口へ。

わたし「レターパックに交換してくれるって聞いたのですが…」

局員さん「…ん~、調べてみますね。。(PCをポチポチ)あ、大丈夫そうです!」

っていうやりとりがあった。

知らない局員さんって多いのかもしれない。

手数料が引かれる

黄色の枠内に書いてあるものが、持ち込んだ分。

お金で返金してくれるわけではないから、レターパック代に満たない分は、切手として返ってくるらしい。それが【払出切手類】のところ。

レターパックか、レターパックプラスかでいろいろと試算してくれて、わたしはレターパックプラスに交換してもらうことになった。

そんな中「今21円持ってますか?」と聞かれ、持ってないと答えると「レターパックプラスが3枚と、切手を沢山お返しすることになります~」「現金で21円お支払いいただければ、レターパックプラス4枚お渡しできますよ!」とのこと。

不要な切手を持ってきたのに、持ち帰るなんて嫌だ!

2,244円分持ち込んで、受け取ったのは2,080円分。

ゴチャゴチャと書いたけれど、結論から言うと、ハガキも切手も1枚あたり5円の手数料がかかる。

お財布も忘れずに!

21円を取りに、一度自宅へ戻りました。

郵便局までは歩いて5分ほど。往復10分。

近いから良かったけれど、遠かったら心が折れてたわ。

郵便局でキャッシュレス決済が導入されたっていうニュース見たけれど、小さな郵便局だからか未導入だったわ。

おわりに

20枚以上残っていたハガキを消化するために、ブルガリアヨーグルトの懸賞に応募しようと思ったの。

内蓋の応募マークを切り取って、あとはハガキに貼り付けるだけ~って思っていたんだけど…、いつの間にか応募は封書ってことになってたー!!

この前までハガキだったじゃんかよ( ;∀;)裏切りだわ~って思って応募マークはゴミ箱へ。

時代は変わったね。

では、また~☆

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ