ご覧いただき、ありがとうございます!くまみいろは毎朝8時半頃の更新です。お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

暮らしのキロク

【シンプルライフ】見せる収納ではなく『使いやすい収納』を心掛ける

https://kumamiiro.com

くまみです。

収納こじらせ期を脱出してしばらく経った。

なんでもっと早く気が付かなかったのか。

こじらせてきたからたどり着けたと考えればいいのか。

今振り返ると、お金の使い方を間違えていたなって思う。

今は【使いやすい収納】を心掛けている。それだけ。

わたしが考える『見せる収納』ってこんなイメージ

あくまでも個人的な見解だけど、見せる収納って、

そこそこインテリア性のあるものを

見栄えの良い位置に

シンデレラフィットさせるか、等間隔に並べる

そんな感じ。

だから、モノを買う時に優先するのは見た目の良いモノだと思う。

わたしの考える『使いやすい収納』とは

極論ですが、見せても見せなくてもいいんです。

使いやすければ。

取り出しやすければ。

戻しやすければ。

誰にでも再現できるならば。

戻しやすいか?という視点を忘れて、収納計画を進めてしまうと、きっと失敗する。

ワンアクション

引き出しを開けて取り出せる(元に戻せる)

扉を開けるだけで取り出せる(元に戻せる)

メイク道具はここにポイッと入れるだけ

パッと開けて、サッと取れると本当に楽チンだ。

めんどくさくないこと、それが家族全員同が真似出来ることだった。メイク道具に関しては、わたししか使わないけれど。。

ゆとりをもたせる

倒れてこないように、ギュウギュウに整列させて収納していたときは、元に戻すのが大変だったっけ(;・∀・)

長男やオットが、少しでもズレた位置に戻すと、ものすごいイラッとしてた。

皿の位置が入れ替わっても入るように、ゆとりをもった収納にしている

だから細かく仕切ることはやめて、だいたいのエリアを決めているだけ。

だから収納ケースに入れなくても済むところは、入れていない。極力入れたくない。

今は、だいたい同じ場所に戻せればOK~♪って思っている。

こじらせ期時代の収納はこんな感じでした

いちばん手を掛けていたのはキッチン。

あれもこれも詰め替えてた。

詰め替え瓶を洗ったり、置いている台を拭いたり、食材を飛ばさないように慎重に調理したり。

疲れた。(笑)

さいごに

超めんどくさがりやのわたしにとって、『見栄えが良い』と『使いやすい』を両立させるのは難しかった。

出来ないことに果敢に挑戦してきたけれど、無理なもんは無理だった。

日常生活では頭を使わなくても良いように、収納計画には頭を使う。

わが家はこれでスッキリ感をキープしている。

では、また~☆

-暮らしのキロク

© 2020 くまみいろ