お風呂・洗面所

【洗面所】手をかざすだけ!オートタイプのハンドソープディスペンサーに替えました

くまみです。

洗面所で使っている、ハンドソープ容器が壊れましたー(T_T)

この前詰め替えたばかりなのに、もう無くなったの!?

長男が頻繁に洗うからかな~?

なんて悠長に考えていたら、実は容器の角に穴が開いていた!

非接触型のハンドソープ容器が欲しい!

ノータッチ式のハンドソープディスペンサーの存在は、1年前くらいに初めて知った(遅いよね~)

実際に友人の家で何回か使ってみて、コレ欲しい!ってずーっと思っていたの。

で、壊れたこのタイミングでサクッと買い替えてみた~(*´▽`*)

ガムテープで応急処置!

なんで2か所同時に穴が開いたのか…不思議でたまらん(。-`ω-)

ノータッチ式泡タイプハンドソープディスペンサー

けっこうな種類があるのね。調べるまでは1種類しかないと思っていたわ~。

コレに決めた理由、使用感などをツラツラと書いてみます。

汚れた手で触らなくて良い

超当たり前のことを書いているだけなんだけど、コレが本当にありがたい機能でね。

長男がクワガタとバッタを飼育しているんだけど、飼育ケースには土が入っているから、虫を触るだけで手に土が付く。

で、その土まみれの手でハンドソープのヘッドを押していたから、当然容器は土だらけ。

というか土に水が混じって泥になってる。

コレを綺麗にするのは、わたししかいないワケで。もう何か月間も!そして1日2回も泥で汚され続けると、虫たちを野に放してしまいそうになる。。

ハンドソープの量を加減できる

この機能がついている機種もけっこうあるかもしれない。

でも、ピッて押して泡の量を加減できるのは嬉しい機能だよね~。

わたしの勘違いかもしれないけれど、指定した量よりもめっちゃ少なく出る時がたまにあるんだよね。

オットに言ってみたら「そんなことは1回もない」って言っていたから、わたしの勘違いなのかな~。

泡が出るスピードはゆっくりめ

これは盲点でした。

手動タイプの容器を使っていたときは、自分で押すからスピードなんて気にしていなかった。

でもこれは、手をかざしてちょっと待たないといけないんだよね。オートタイプだから当たり前のことなんだけどさ。

この『ちょっと待つ』っていう行為が非常にじれったい!

わたしのように『待たせられるのが嫌い』な人は要注意ですよ。

液体の残量が一目でわかる

この点は『良くも悪くも、一目でわかる』という感じ。

良いところとしては、液体の残量が見ればわかるから、完全に無くなる前に詰め替えを準備することがところ。

悪いところとしては、液体の色が見えてしまうところ。

わが家はキレイキレイを愛用しているんだけど、液体がピンク色なのよね。

本当は白色の液体をチョイスしたいけれど、それがなんていう名前のハンドソープなのかわからず。。

電池は4本

乾電池は4本使用する。ハンドソープごときに4本!?って思ったけれど、どうやら4本も使うらしい。電池は付属していないから、準備が必要ですよ~。

そうそう、電池の入れ替えや、石鹸の補充の際は、こうやって ↑ 外すわけだけど、1回外すと取り付けるのにコツがいるような気がする。

あ、オットはコツなんて不要って言ってたけどね。

わたしは何回かトライしないときちんとセットできなかった。

さいごに

このディスペンサーの本体、けっこうデカイです!

大きさが書いてあったから、洗面台に置くとこれくらい~ってメジャーで測って確認したよ。

でも測り方がザツすぎたらしく、想定していた場所に置けなかった。

本当は、ここの窪み(段差があるところ)にスポッて入り込む予定だったんだけどね(;・∀・)残念!!

わたしは泡タイプの石鹸を使っているけれど、これは液体タイプも使用可能!液体タイプを使う場合は水で希釈してから補充するらしい。

次回補充するときは、液体タイプを使ってみようかな。

食中毒やインフルエンザ対策としても頼もしい商品だよね。

では、また~☆

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-お風呂・洗面所

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.