お問い合わせやコメントのお返事は、記事にさせていただくことがあります

収納・整理

【取扱説明書】電化製品の取説、紙のまま保管するのは昔の話?

くまみです。

電化製品を買うたびに付いてくる取扱説明書、どうやって保管してる?

ミニマリスト界隈では、そもそも取っておかずに、必要な時にメーカーサイトで確認するという人もいるそうで。

どんどん溜まっていく取説、どうやって保管してる?わが家の場合をご紹介。

紙のモノって溜まりやすくて、場所を取るんですよね~。

取説類は、本体を買い替えるタイミングで捨てるのを忘れると、さらに増えていく。

この家電、とっくにサヨナラしているじゃん!!っていうものが出てきたことも( ;´Д`)

キッチン家電

オーブンレンジとか、トースターとか、ブレンダーとか。

これらの取説はキッチンの、すぐに取り出せる場所に置いている。

ただ温めるだけ、焼くだけ、混ぜるだけならば勘で動かせるんですよ。

せっかく高性能の機種を買ったのに、まったく使いこなしていないことに気づいた。

その機能を存分に発揮してもらいたいって思う。

それには取説(またはメニューガイドブック的な本)を見ないと使いこなせないんですわ~。

自己流で使っていた頃よりも、メーカー側が推奨している時間設定や、モードをしっかりと使ったほうが美味しく出来上がった。

高機能の電化製品、使いこなせれば高いって思わない。

使いこなせないまま寿命を迎えてしまうのが、いちばんもったいないよね。

キッチン以外の大型家電

洗濯機とかテレビとかエアコンとか。

あ、キッチン以外の~とか言いながら、冷蔵庫はコッチかな。

毎日使うモノだけど、日々アレンジしながら使う機能が特にない家電。

そうであっても、家電をサヨナラするタイミングまでは捨てずに取っておく。

この状態は故障なのか?ご機嫌ナナメなのか?っていう疑問は、取説に解決方法が載っていることが多い。

家電本体の型番が消えてしまうことも多いから、取説があると助かる。修理依頼する際などに、型番は必須!

大型家電は買い替える前に、ダメ元で修理依頼をすることが圧倒的に多い気がする。

小物家電

ドライヤーとかサーキュレーターとかアイロンとか。

確認したい機能はないし、取説はあってもなくても良いかな~っているレベルのもの。

でも、これらの取説も取っておく。

メルカリってジャンク品も売れるから、取説があると売れやすい。(わたしはすぐに捨てたい派だけれど、オットはメルカリに出したい派)

『取説+保証書』の組み合わせで保管

わが家が唯一工夫しているところと言えば、『取説と保証書はセットにして取っておく』というところかな。

購入したのは最近だから保証期間内のハズなのに、保証書がみつからない~!ってことになると、修理にお金が掛かっちゃうしね。

セットにして保管しておくと、すぐに見つけられるし、無くならない。

さいごに

わが家は『紙のまま保管』しておくのが合っているなって思う。

紙ものを保管しておくと場所を取る!!って思っていた。

でも、家電を次から次に買わない限りは増えていかなかった~。

総量で言うと、ファイルボックスで2つ分ぐらいの量。(これって多いのだろうか。。)

今後、わが家も時代とともにデジタルになっていくのかな~。

みなさんのお宅ではどうやって保管していますか?

では、また~☆

  • この記事を書いた人

くまみ

1983年長野県上田市生まれ。 都内下町エリア在住。 1つ年上の夫と、2014年と2019年生まれの息子の4人家族。 『毎日が好きになる』をコンセプトにシンプルライフを実践中。本業は管理栄養士。

-収納・整理

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.