キッチン

【towerの米びつ】はシンプル・密閉・使いやすい!そして白い!!

くまみです。

梅雨時期になると、食品の保管場所の湿気が気になる~(T_T)

食品を保管している場所には除湿剤を置いているけれど、水が溜まるスピードが速いったらありゃしない!!

ただ、お米に関しては湿気対策をしていないですよね、わが家。

どーにかしなきゃ!と思い続けて数年が過ぎ去った(´-ω-`)

山崎実業 / tower 密閉 シンク下米びつ タワー 5㎏ 計量カップ付

『痒い所に手が届く』ことで有名な山崎実業さんのtowerシリーズ。

キッチンや洗面所などの白色化、ホワイト化を目指している人御用達のブランド。

それにしても商品名長いんだよな~。。

米がすくいやすい!

お米が沢山入っているときは、どんな容器でも扱いやすさは変わらない(と思う)。

違いは、残量が少なくなってきたときに分かる。

商品に付いていた帯に書いてあるので、これで説明。

左から3枚目の写真。

この容器は底の中央が一段下がった構造をしている。

実際の画像を乗せたかったけれど、補充した直後なため断念。。

中身が見やすい

容器は白だけど、蓋は無色透明。

ほら、パッと見れば残量が一目瞭然!

ちなみに、赤い色の物体はトウガラシ。

お米も白、容器も白だから赤いトウガラシが目立つ~!

お米が喜ぶ密閉容器

蓋にパッキンが付いていて、しっかりと閉まる作り。

お米は湿気が大敵!

大食漢で、5㎏のお米なんてすぐに食べきってしまう我が家だけれど、最後まで安心して食べたいからね。

使いやすい計量カップ

計量カップと言えば『丸形』という固定概念を吹っ飛ばしてくれた。

米びつが丸形(円柱形)だったら、側面がなだらかなカーブ状の計量カップが適しているのだと思う。

このケーズは四角いから、計量カップも四角い。

持ち手も付いていて、目盛りも両側に付いてるよ。左利きの人にとっても使いやすいね。

形違いの縦長タイプ

towerシリーズには私が買った横長タイプと、縦長タイプがある。

どちらも5㎏のお米が入るところは同じ。

違うところと言えば、縦型タイプ(わたしが買わなかった方)は袋ごとスッポリと入るところ。

縦長タイプはコチラです ↓

わたしは次のお米を詰め替える前に、容器は一度洗いたいと思っているから、袋ごと入るタイプじゃなくていいかな~って思って横長タイプを購入。

どちらを選ぶかは、暮らし方次第ですかね。

尚、オットが詰め替えてくれる時に洗う確率は50%である。

今までの米びつ

わが家が新婚時代から使っている米びつがコレ。

米びつとして使ってきたけれど、商品名は米びつじゃないのかも。。

数年間使っておいてアレだけど、使いやすいか?と言ったらそうでもない。

米の残量が少なくなると、非常に使いにくい。米がすくいにくいの!!

米びつのせいか、それとも計量カップのせいか。。

この計量カップもテレビで見かけて、すぐにポチってしまった品なんだけどさ(。-`ω-)

なにより、この米びつはしっかり閉まらない時が多い。。

見せる収納をしていたときは、これらを使うことで満足感・充実感が満たされていたからいいの(はい、強がり~)

さいごに

ここ2年ぐらいは、『いつ何時も使いやすく』をモットーにモノ選びをしてきた。

今までのオシャレ米びつに対して『コレじゃない感』がすごかった。

towerの米びつに変えて、わたしの暮らしにピタリとはまった!

うん、変えて良かったな。

では、また~☆

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-キッチン

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.