ゆるラク家事

私が実践する『ゆるラク家事』のすべて

投稿日:

くまみです。

家事は毎日のくりかえし。だからこそラクをしたい。

この『ラクをしたい』という思いが日増しに大きくなってきました。

まれに見る長文です(笑)

ゆるラク家事のすゝめ

決して、家事は何1つやりたくないよ~ていう考えではありません。やるのならば『より簡単な方法で済ませたい』という思いが強いのです。

大人になってからつくづく思うことは、時間は貴重だということ。まさに時は金なり。

『丁寧な暮らし』より、『終わりなき家事を毎日続けられる暮らし』をしたい方にオススメです!

導入して良かった案件

導入したときの記事を載せておきますね。(リンク部分をクリックすると飛んでいきます)

お時間がある方は是非!!

食洗機の利用

手洗いのほうが早く終わるじゃ~んとの思いから、あるにも関わらず使ってきませんでした。

ですが、使ってみるとやっぱり楽チンなんですよね。

文明の利器は積極的に使うべきだと痛感商品たアイテム。

ハンガーのまま収納すること

ハンガーの量を増やすこと、今使っている収納ボックスが不要になってしまうということから、ハンガー干ししている衣類を畳んで収納していました。

が、ブロガーの皆さんがオススメしているということもあり、ハンガーで干した衣類はそのままクローゼットのINという方法を実践するように。

めっちゃラク!!

使わなくなった収納ボックスは、息子のオモチャ入れとして使うことに。

わたしは、外で使ったハンガーを、そのままクローゼットに入れることには全く抵抗ありません。外に干した服をクローゼットに入れているので、同じことかと思っています。

テーブルを拭く布巾の廃止

今は、ウエットティッシュ(ただしくは、お尻拭きですが…)を使っています。

エコとは逆行していますが、テーブルを拭いたあとの嫌なニオイが全くしないことと、洗濯の手間が省けます。

もう台布巾のある生活には戻れない。。

▶【シンプルライフ】暮らしのラクを求めて、おしぼりの代わりにお尻拭きを使う

無洗米の利用

無洗米は美味しくなさそうだから~という理由で買ってきませんでしたが、問題なく美味しい!

今までは、多めに炊いて冷凍保存するという方法を取っていました。(めんどくさいので)

米を研ぐという作業がなくなっただけで、いつでも米を炊いてやるぜ!という意識に変わりました。

▶導入した便利食品|遅ればせながら【無洗米】デビューしました!

1人1枚のトレー利用

これがラク家事の最新案件になります。

今までは、大きなトレーに家族分の食事を乗せてテーブルに運ぶ → テーブルの上に並べるという方法を取っていました。

キッチンカウンターに人数分のトレーを並べて、そこでセットしてテーブルに運ぶんで自分の位置におくだけという方法に変えました。

食後もトレーのままキッチンに運ぶので、すんごいラクです。

トレーを人数分洗うという手間は増えましたが、食卓にお皿を並べ直すという手間に比べたら雲泥の差です。

▶【ニトリ】巷で噂の『滑らないトレー』を買いました!

 合わなかった案件

導入したときの記事を載せておきますね。(リンク部分をクリックすると飛んでいきます)

今ではやっていないことですが、そんな経緯もあったからこそ、今の暮らし方になったと思っています(ポジティブ)

洗剤類やめて、せっけんに一本化する

『洗剤の管理がラクになる』との情報から『せっけん一本化』生活を始めてみました。

が、使う場所によって濃度を変えたり、使用感やニオイが苦手だったりと、わたしにはハードルが高いと痛感しました。

シャンプーにはシャンプーの良さが、食器洗剤には食器洗剤の良さが、オシャレ着洗剤にはオシャレ着洗剤の良さがあると気づきました。

それぞれ専用品を買いに行く手間はありますが、わたしは『それぞれに特化した専用品を使う方が暮らしの質が保てる』と判断しました。

期日を決めて実行すること

食品の買い出しは週末のみですが(車で買い出しに行くのと、スーパーは誘惑が多いので)、ドラッグストアへの買い出しの頻度や、スポンジを替える日などは、キッチリキッチリと期日を決めて実行することをやめました。

ドラッグストアは在庫品が無くなり掛けて、もう次に使う分が無い!という事態になる前ならいつでもOK!

スポンジは劣化が目立つ前でも、気になったときに替えよう!

という感じで、ゆるい感じやるようになりました。

▶キッチンスポンジの交換はカレーと共にやってくる

食材の小分け冷凍

例えば、コストコで買うような大容量の食品だと、購入後に『小分けして保存する』という手間が増えます。

この作業を負担に感じてしまい、大容量のものを買うのをやめて、小分けパックを買うようになりました。

水切りカゴの撤廃

水切りカゴの撤廃を撤廃しました。

やっぱり水切りカゴはあったほうが、わが家には合っているようです。

▶ステンレスの水切りカゴから、プラスチックの水切りトレーへ

調味料や洗剤の容器へのこだわり

見た目の美しさから、調味料洗剤類の容器を揃えていましたが、移し替えがめんどくさくなりやめました。

移し替えをやめると同時に『見えるところに置いておく』から『引き出しの中にしまう』という方法に変えました。

パッと目に付かない場所にしまってしまうのであれば、容器が揃ってなくても特に気にならないという事に気づきました。

▶調味料の移し替えは【セラーメイト】これは便利調味料びんがオススメ!

▶やってみたから納得してやめられた!詰め替え容器『白色化』からの卒業

皆の『良い』が自分とって『良い』とは限らない

皆さんがオススメする方法をやってみて、コレいいじゃん♪って思って定着したもの。

はたまた勧めている人の方法を真似っこしてみたけど、私にはなじまなかった方法もあります。

やってみようかな~、でもどうしようかな~なんて悩んでいる時間があるのならば、1回やってみることをお勧めします!

食の好みが人それぞれなように、皆にとって良いと感じることが自分にとって良いことだとは限りませんからね(*´ω`)

さいごに

自分が『コレは良い!!』と感じても、家族が良いと感じてもらえないとは厄介です。

わが家は、夫も家事をかなりやるので、夫なりの方法があるようで意見が対立します。

相手の意見を尊重しつつ(表面上だけでも)、結果が良ければまあいいか!と割り切って見ています(本当はイライラするけれど)。

『理想の見た目』を追求するのはやめました。というより、続きませんでした。

わたしには、『まぁまぁの見た目で、使いやすい状態を維持する』というほうが向いていると気づきました。

では、また~☆

 

 

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-ゆるラク家事

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.