わたし

病気のレベルが確定。今の気持ちと、これからの暮らし

投稿日:

くまみです。

今日は、暮らしの内容ではなく、わたしの病気についてです。

以前、わたしは子宮頚ガンの前段階、子宮頚部に異形成がある状態だと書きました。

先日の細胞診検査(生検)を行い、本日結果が出ました。

検査当日、担当医からは『異形成は軽度~高度まであるけど、おそらく中度だと思う』と言われていました。

そうかそうか、中度か、よくわからないけれどガンに移行するまではもう一段階残っているんだなとちょっと安心感がありました。

というか、異形成があると言われた時点で、かなり落ち込みましたが、まだ猶予があるなと。

そして、本日の結果発表では『高度異形成です』と。

ガンになるまで、あと一歩しか残ってなかった。もう二歩分はあると思っていたのに、残り一歩だった。

子宮頸ガンは、ガンの中では進行速度がかなり遅いガンらしい。そのことだけは良かったなと思う。

帰り際に先生に『今わたしにできることはありますか?』と。

先生は『何もないです。進行は遅いので、出産後に切り取る手術をしましょうね』と言われた。

進行が遅いと言われても、秋に子宮頸ガン検診を受けた時は正常だったじゃない!たった半年の間でこんなに進んでいるじゃない!この先の進行速度が急に緩やかになるのだろうか。

わたしは医療に携わる仕事をしているけれど、巷でガンに効果のあると言われている食べ物や、暮らし方などの情報に飛びついてしまう気持ちが良く分かった。

藁にもすがりたい気持ちで、民間療法に手を出してしまう気もち、今ならよく分かる。

病気と言われるまでは、自身の健康になんてたいして興味すら示さなかったのに、病気をきっかけに自分の体を愛おしく思う。

でも、病気になったのが夫や息子じゃなくて本当に良かったな。

共に生きようと決めて結婚した相手や、愛する子供が病気で苦しむ姿は見たくない。

ってか、わたしはすぐに死にませんけどね。老後は海外旅行するって決めているんだから!

気持ちを整理するためにも、未来のことを考えるためにも、今は家を整え続けよう。


さて、お腹の赤ちゃんは今日も元気いっぱいだった!嬉しい!

女の子を希望していたけれど、男の子かな~って先生は言ってたな。賑やかになるな。

では、また~☆

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-わたし

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.