収納・整理

捨てなくて良かった!仕切り版を活用して、料理中に使うモノを取り出しやすく!

更新日:

くまみです。

魚焼きグリルと壁の間のこの引き出し、何を入れていますか?

わが家は料理中に使うものだけを入れています。

本日は、収納するにあたり「捨てなくて良かった~」と思ったことについてです。

本当は何用のスペース?

ここのスペース、狭すぎて活用しないまま数年が経っていました。

しかし、このスペースにもお金払ったんだよな…と思ってからは使うことにしました。

でも細長いだけで便利そうなスペースだとは思えず、当初は紅茶のパックやコーヒーのパックを入れていました。

しかしそのうち、ここのスペースって料理中の一等地なんじゃないか?!という思いがフツフツと沸き上がるように。

その結果、中身の入れ替えを行いこのような感じに。

が、次第に取り出しにくいという思いが大きくなりました。

目的のものは一瞬で取りたい!

仕切り版の存在

この引き出し、こんな感じの仕切り版(間仕切り版?)が2枚付いていました。

『不要なものは家から追い出す』をモットーにしているわたしですが、これは捨てずに取っておいたんですよ。

まさに奇跡。

夫には使わないものは今すぐ捨てろ~と言うわたしですが、自分のエリアとなると「いや、ちょっと待てよ…」と慎重になる調子のいい奴なんです。

で、この引き出しのどこが使いにくいのかと言うと、ターナーとお玉がストレートでないので、菜箸を取り出したいときに引っかかる!

いや、このターナーもお玉も使い心地はバツグンなんです!!

ターナーを紹介しています→継ぎ目のない一体型!耐熱温度230℃の小さめターナー

お玉を紹介しています→普通のお玉以上の働き!持ち手一体型【ミニ横口レードル】は使いやすい

引き出しに収納することには向いていない形状ってことです。

そこで、あの仕切り版の登場です。

ココにはめて、

菜箸とトングをチョンと乗せると、

1つの空間に2つの部屋が出来ました!

中身が動かないので取り出しやすい~!

引っかからない~!!

仕切り版はあと1枚残っていますが、捨てて後悔しないように、ひっそりと隠しておこうと思っています( *´艸`)

ココがポイント!

(2019年4月6日追記)

勢いよく引き出しを閉めると、箸がちょっと斜めになってしまい、引き出しの奥に引っかかってしまうことがあります。

いや、多々あります。

そこでちょっと工夫をしてみました。

ダブルクリップを2個用意して両端に固定します。

このままだとクリップが引っかかって、引き出しが閉まらないので外側の部分は倒します。

これでOK!

箸が横に流れてしまうこともなくなりました。ダブルクリップは小さめのほうが良さそうです。

おわりに

わたしは右利きなので調理グッズを入れておくと使いやすいですが、左利きだったら使いにくそうですね。

もっと良い活用方法があるのかな~とも思いますが、みなさんは、このスペースにどんなものを入れていますか?

では、また~☆

 

 

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-収納・整理

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.