シンプルな考え

靴えらびでの失敗談。フィット感は自分の感覚を信じる!

投稿日:

くまみです。

ほとんど履いていない靴なので、いつ買ったかも覚えていません。

たしか昨年の夏過ぎだったような気もします(もっと前かもしれない)

わたしの足は24㎝ですが、欲しかった靴は24.5㎝しかなくて。。入荷を待てば良かったのですが、どうしてもその場で手に入れたかったので買ってしまいました。

後悔!靴購入時の失敗談

わたしが犯した間違えはこんな感じです( ;∀;)

店員さんの意見を鵜呑みにした

「24㎝ありますか~?」と聞いたら「24.5㎝ならばあるんですけど履いてみますか?」と言われ、履いてみました。

すると案の定ブカブカ。

やっぱり大きいよね~と買うのを諦めようとしていたところに、店員さんの一声が。

「コンバースのスニーカーは細身なので、大き目のサイズを買って中敷きを入れる方が多いんですよ!」

「コンバースのスニーカーは表面の生地が薄くて冷えるので、厚めのモコモコ素材の下地がオススメですよ!靴を脱いだときにチラッと見えてもカワイイですし」

こんなセリフを言われたら、買っちゃおうかな~っていう方向に心が動いちゃいました。

履きにくさは試着の段階で感じていた

試し履きをする段階で、立ったままだと履きづらいな~とか、両手を使わないと履けないな~という感覚がありました。

でも、ハイカットスニーカーが欲しい!!!という気持ちのほうが勝って、履きづらさのことは頭の隅に追いやられてしまいました。。

おわりに

靴のサイズがちょうど良いかどうかは、やはり履いた時の感覚が大切だな~と思いました。

なによりも、厚めの中敷きを入れたところで5㎜の大きさが埋まるはずもなく( ;∀;)その場で、中敷きを借りて入れてみれば良かったなぁ。

この靴、10回も履いていないなぁ~。もったいないけれどサヨナラします。

次回、靴を購入するときは全体に失敗しないぞ!!皆さんも気を付けて。

では、また~☆

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-シンプルな考え

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.