キッチン

キッチン道具はどこまでこだわる?今のままでも十分だと思えるようになった話

投稿日:

くまみです。

以前はキッチンで使う道具について、もっとオシャレな物を!できたら同じシリーズで揃えたい!って思っていました。

ですが、最近になり、使いやすければいっか♪と思えるようなり、買い替えようかなという気持ちがどこかへ消えました。

ザルとボウル

数か月前までは、早く新しいものに変えたくて変えたくてしょうがなかった物たちです。

でも、使いにくいのか?と聞かれれば、そうではない。

破損しているのか?と聞かれれば、まだ十分に使える。

なんで買い替えたかったのだろう?

きっと、この統一感の無さが気に入らなかったんだろうな。

トング類

トングはステンレス、お玉とターナーはナイロン、スプーンはシリコン、菜箸は木製という感じで落ち着いています。

ナイロン製のものが使いやすく、洗いやすいので、全部このシリーズに揃えたいな~と思っていたこともあります。

でも、トングは揚げ油の中にも突っ込むし…などなど、用途を考えていたら、今持っている物が私にとって最高なのでは?という答えに行きつきました。

菜箸って、やっぱり木製がいちばん食材を挟みやすい気がします。

もうボロボロなので、もうしばらく使ったら買い替えようと思う。(こんなにボロイのにまだ使うのが私です)

鍋類

毎日のように使っているもの、月に数回しか使わないもの、年に数回しか使わないものがあります。

使用頻度の低さから、土鍋と圧力鍋を手放して無水鍋の購入を考えていた時期もあります。

鍋料理は土鍋だと雰囲気が出るんだよな~とか、カレーやハヤシライスは圧力鍋で作ると一瞬で出来るんだよな~とか考えていると、これらの鍋は手放せない!という答えに行きつきました。

手放せる鍋がないのならば、新しい鍋を迎えることはできません。

無水鍋を買うのは今じゃない!

バーミキュラとか、ル・クルーゼとか、シャレオツですよね。重そうだけど。

おわりに

あんなにこだわりたいなと思っていたキッチングッズ、なんでこんなにも熱が冷めてしまったのか。

いや、結果として熱が冷めたことは良かったのだけれど。

ネットパトロール(ネットで気になる商品について、片っ端から調べまくること)をやめてから、暮らしのあらゆる場面で物欲が減ってきた。

物欲が減ったという表現よりも、今の暮らしの満足度が上がったという方がピッタリくるかな。

あ、でも欲しい物はまだまだあります。わたしの理想にピタリとはまるものを時間を掛けて探しています。

では、また~☆

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-キッチン

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.