わたし

友人の結婚式に出席して|自分を認め、芯を持ち、凛と生きていきたい

更新日:

先日、大学時代の友人の結婚式に出席しました。

当時から、自分の芯を持っている、凛とした女性です。(顔は安室ちゃんに似ている美人!)

自分の夢を夢として語るだけではなく、そのための努力を惜しみなくして、必ず実現していく女性です。

そんな彼女は30歳で自分のお店(和食屋さん)を持つという夢を現実のものにしました。

本当にかっこいい生き方です。

学生時代に、『努力するのは当たり前、やりたいことを全部やってから死にたい』と言っていたことをいまだに覚えています。

同い年の彼女の生き方を見ていると、自分はこれで良いのか?もっと努力できるはずだぞ!と鼓舞されます。

わたしはわたしで良いのだ。わたしはわたしを生きていく!

新郎新婦の席。会場全てが素敵な空間でした。

『これでいいのかな~』と思いながら毎日を過ごさない

35歳の誕生日のときにも感じたことですが、もう35歳なのです。大人になって、何年無駄な時間を過ごしてきたのでしょうか。

『なんだかな~』『やりたくないんだよな~』と思いながら過ごすのはもうやめます。

ボーっと過ごしても、ポジティブな思いで過ごしても、1日は1日。

だったら肯定的に暮らしたい!

本当はやりたくないんだけれど…と思うことはやらなきゃいい。生活のためにやらなきゃいけないことならば、お金のためにと割り切ればいい。

兎にも角にも、これでいいのかな~なんてボーっとしてたら人生終わっちゃう!

具体的な目標を持って暮らす

『こんな目標があるって言ったら恥ずかしい』とか、『わたしレベルの人間が、こんな事を目標にしている!って言ったら他人にどうな風に思われるんだろう』と思いながらここまで来ました。

こんなところが、彼女との違いですね。

見えない誰かに向けた、弱い発信力ではありますが、『わたしはこういう考えです』ということを表現したくてブログを始めました。

このブログを始めたころは、『自分の暮らしを切り売りしている』『だれも素人の暮らしには興味はない』と言われました。

ですがわたしは、テレビに出るような有名人の暮らしぶりよりも、普通の人の暮らし方のほうが興味があります。

この先も、このブログでは、わたしの考え方とともに、わたしの暮らしを紹介してきたいと思っています。

誰かの役に立つような内容ではないかもしれないけれど、これがわたしのやりたい事です。

ここ1年間で、ちょっとずつ形になってきたことがとても嬉しい。

おわりに

わたしはわたし。

息子に恥じない生き方をしていきたいです。

さいごに、彼女の素敵なお店をご紹介します。

和食バルemma.

東京・渋谷地域に行った際は、お立ち寄りください!

カウンター席のみの人気のお店ですので、予約は必須です。

では、また~☆

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-わたし

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.