シンプルな考え

やめて良かったこと|やめた結果、暮らしの質が上がりました

投稿日:

くまみです。

やめると暮らしぶりが荒れて見えるんじゃないか?とか、せっかく始めたのだから、最後までやり通したほうが良いんじゃないか?などの葛藤があったけれど・・・

やめて良かった!

煩わしさからの解放!という感じ。

洗剤一本化生活

キッチンも洗濯も、ほとんど専用洗剤に戻しました。(オキシクリーンは方々で使っています。)

キッチンや洗濯やお風呂場、さらには手洗いせっけんまで全部をまかなえる『せっけん生活』に憧れました。始めてみてわかったことは、手間を惜しまず、その手間さえも愛おしい家事だと思える人向けなんだなということ。

楽ちん!手間なし!短時間!が叶う専用洗剤に慣れてしまったわたしが、暮らしに取り入れるにはハードルが高すぎました。

調味料の移し替え

エコナセイカツのマキさんの暮らしぶりに憧れて、みりんや醤油は大きなボトルを買って、ビンに入れ替えていました。

あんな徹底した暮らし方が真似出来るわけでもなく、ただ、オシャレな暮らしだわ~という感覚で始めたことだったので、挫折も早かった。

今は、使い切りサイズを買ってそのまま使っています。

なんて手軽なんでしょう。

使わなくなったビンは、ニンニク醤油などを作る機会があれば使おうと思います。なければ処分します。

調味料用の珪藻土

湿気は食品の劣化を早めるので、何かしらの対策は必要です。

繰り返し使える除湿剤は便利そう!とお値段の高い珪藻土に手を出したのですが、繰り返し使うにはやや難しい点が出てきまして。

それは着色。

洗っても落ちない着色。

洗剤を使っても良いのか分からず、珪藻土に染み込んでしまいそうで。かと言って、洗わずに何回も使うのはいかがなものか?と悩みながら使っていました。

『高かったから』という理由で使い続けていましたが、使うのならば100円ショップで売られている使い捨てのシリカゲルで良いじゃん!という結論が出たので全部ポイッとしました。

値段の張るものに、ヒョイヒョイと気安く手を出すは今後やめようと思う案件でした。(笑)

番外編(気持ちの面でやめたこと)

物ではないですが、もうひとつやめたことがあります。

それは、嫌いなモノを使い続けること

今の好みではないんだよな…という服やインテリア関連。

嫌いな服は手放すことにした

思い切って手放したら、なんと気持ちが軽くなったことでしょう!

服は増やさなくても問題なかった!全く問題なかった!

週に2回は同じ服を着るし、その中に仕事着も含まれている。

『服は沢山持っていたほうが、なんだか女子力高そう』とか思っていた昔の私に教えてあげたい。

上下の組み合わせに悩む事もないし、全部1軍という安心感。

嫌いなインテリアは処分した

例えば照明器具。

今の家に越してきた4年前に買った照明

昨年あたりから、この照明カバーがしっくりこないな…と思うようになりました。

ここ1年程は、照明カバーが目に入るたびに、『あ~嫌だ嫌だ(;一_一)』と思い続けながら暮らしていました。

新しいものを購入したい!という気持ちを止めていた防波堤が決壊し、夫のまだ使えるよ~という意見を振り切り新しいものを購入しました!

買って良かった!本当に良かった!!

以前のモノはメルカリに出品。(年内に売れると信じてる!)

おわりに

人の暮らしって憧れます。

自分の軸がないからすぐに揺れてしまうのですかね。

やってみて、わたしには合ってなかったな…と思うことが多々あります。しかし、色々と取り入れてみた結果、自分の軸が出来上がってきました。

家族からしたら『凝りもせずに色々と手を出してはやめてるな』と思われていたようですが(夫より)

みなさんは今年やめたことはありますか?

では、また~☆

 

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-シンプルな考え

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.