雑貨・小物

リビング階段のベビーゲートはロール式に限る!

更新日:

こんにちは、くまみです。

我が家は都内の狭小住宅に住んでいます。

3階建てが当たり前!という地域に住んでいるので、1階の部屋はあまり光が入ってきません。

1階の部屋は客間(ほぼ来客なし)、2階はキッチン・リビング・ダイニング・トイレ・お風呂、3階は寝室です。

そんな訳で、リビングが2階にあるのですが、階段を上るとドアがないままリビングにINするという構造です。

小さな子供がいる環境なので『階段がすぐそばにある』という状態が怖いです。

ですが、一般的なベビーゲートは設置できません。

なぜなら、ものすごい体重を掛けたら反対側に倒れてしまうから~Σ(・ω・ノ)ノ!

ってことは、1階までゴロゴロ~と転がり落ちてしまうワケですわ。

いや~怖い怖い。

わが子を守るために必死で探したのがコチラです!

KiddyGuard(キディーガード)

スタイリッシュな見た目です!

一見すると、ベビーゲートには見えないかもしれません。

使い方は、最初のうちは少しコツが必要でしたが、すぐに慣れました!

GOODなポイント

壁に穴を開けて固定しているので、突っ張り式のベビーゲートでよくありがちな『だんだんと動いてしまう』という事態は起こりません!

下にも隙間があまりないので、すり抜けて落ちてしまうと心配がありません。

床部分に段差ができないので、うっかりつまづく心配もありませんよ!

気になるポイント

壁に穴が開きます。

しかも1か所ではなく、左右合わせて10か所程度開ける必要がありますビスを使って固定するので、使用しなくなって取り外した時に穴が気になるわ!という人には不向きかもしれません。

まだゲートを外していないので、どのくらい穴の跡なのかわかりませんが、目立たなくはないと思います。きっと目立つだろうね。

だんだんと気になってきたポイント

  1. 来客時、手助けしないといけない
  2. 反対側から開閉しずらい
  3. 経年劣化がある

壁に穴が開くことは購入前から分かっていましたが、上記の3つについては使っていて感じたことです。

1:来客時、手助けしないといけない

お客様が勝手が分からず、無理矢理開けようとしたことがありました。

この部分を操作しないと開きません。

説明書に間違った方法で開けると故障の原因になるようなフレーズが書いてあったので、お客様が来たときは、私が開けています。

ちょっとめんどくさいです。

2:反対側から開閉しずらい

これね、ほんとに開けずらいです。そして閉めにくいです。

反対側、すなわち階段側から開閉するときってことです。

子供がリビングに居ない時や、子供もいるけど、だれか大人も一緒にいるときはメンドクサイので閉めません。こんな感じです↓

問題は、子供1人をリビングに残して、大人が1階に行かなければならない時です。

そもそも1階にはほとんど用事がありませんが、宅配便が来たときや1階の倉庫部屋に用事があるときがたま~にあります。

コツがわかればすぐにできますが、最初のうちはとても手こずり、宅配業者さんにチャイムを3回ほど押されました(笑)

3:経年劣化がある

これ、しょうがないんですけどね。こんな感じでフワフワになってきます↓

メッシュの部分が擦れるので、毛羽立ちや毛玉が出来てしまいました。

そして、生地部分(?)がシワシワに。。

わたしはそんなに気にはなりませんが、購入を考えている方の参考になればと思いまして。

さいごに

お値段は張りますが、高い買い物ではなかったと思います。

自宅がリビング階段という造りで、子供が小さいご家庭にはとてもオススメですよ!

ってか、これしか選択肢がないと言っても過言ではないかもしれない。。

参考になれば幸いです。

では、また☆

検索では見つからないリアルに役立つノウハウが探せるメディア【もの、ごと。】さんに掲載していただいております

-雑貨・小物

Copyright© くまみいろ , 2019 All Rights Reserved.